サンティアゴ在住のロコ、ピーテルさん
返信率

ピーテル

世界1周の途中、チリに来て住み着き40年になります。仕事でチリ中を巡りチリ人よりチリを知っています。チリが好きでここに住めて幸福です。

地下鉄ロス・ドミニコス駅から丘の方に30分歩くと階段にでます。その180段の石段を登り切ると小公園に出て、そこからサンティアゴの街が一望できます。往復1時間で歩いて展望台に行けるわけです。ごめん、それ私のトレーニング・コースです。

運があってチリの企業で部長職を10年ほど務めました。
この経験をいかして普通の通訳でなく日本からネゴに来られる方の援助をさせてほしいです。

私 は男性です。女性と表示されていますが。

オリジナル市内ツア-(ラス・コンデス区)
ルート
  ホテルで集合
  1)まず、コスタネラセンタ―へ
    そこで南米1高いビルの屋上展望台に
  2)次いで、近くのサンハッタンを散歩
  (サンティアゴのマンハッタンの意味)
   そして地下鉄で終点のロス・ドミニコスへ。
  3)駅の近くの市内で最も充実した民芸品市場を訪問。
  4)その後、同地区で最高の遊歩道を歩き、近くのサンタ・ロサ美術館に。
    同地区の住民の生活ぶりも目にすることができます。

 これは半日ツア-ですが、付け加えて
 チリの歴史に興味がある旅行者は国立歴史博物館へ。
 ラテンアメリカの歴史の方が好きなら考古学博物館。  
 どちらも1―2時間ほどです。
 これで一日ツアーになります。
 これは私のオリジナルでどの旅行代理店にも 
 ありません。
 どうでしょうか。

居住地:
チリ
現地在住歴:
1979年から
基本属性:
女性/70代
使える言語:
スペイン語
職業・所属:
年金生活者
得意分野:
チリの歴史と地理
血液型:
A型

このロコに相談するピーテルさんに相談するお気に入り

一言タグ※提供できること、得意分野、興味などを一言でアピール

ピーテルさんが回答したサンティアゴの質問

hideomi0907さん

現地ガイドについてお願い

2019年8月4日(日)サンチャゴ空港到着05:35から8月15日(木)サンチャゴ空港発20:10の間で現地ガイドできる方はいませんか?
日本語、スペイン語の通訳も兼ねて送迎・同行等していただきたく思います。
サンチャゴからプエルトモントの方へ南下していく予定です。

サンティアゴ在住のロコ、ピーテルさん

ピーテルさんの回答

Hideomi0907さん もう少し詳しい日程。目的を教えてください 10日ほどプエルトモンに滞在されるのですが、 仕事で行くのですか、観光ですか?

Hideomi0907さん

もう少し詳しい日程。目的を教えてください

10日ほどプエルトモンに滞在されるのですが、
仕事で行くのですか、観光ですか?

hideomi0907さん

★★
この回答のお礼

仕事です。

サンティアゴ在住のロコ、ピーテルさん

ピーテルさんの追記

通訳・ガイドになりますが、もう少し仕事内容を詳しく教えてもらえると
私に可能な仕事かどうかお伝えできると思います

例えばサーモン関係とか

続きを読む »
テリーさん

サンディアゴからラセレナ皆既日食ツアー

サンディアゴ発2019年の皆既日食をラセレナで見るツアーを探しております
現地サンディアゴからバスで自力と思いましたが、言葉の問題と日食による混雑でチケットが取れない、日食渋滞などの不安要素がありツアーがないかとご相談です

飛行機でラセレナも検討しましたがラセレナのホテルはすでに売り切れ&高騰なので現在のプランを検討しております

ツアーが予約できるサイトの紹介でも構いません。

アドバイスお待ちしております

サンティアゴ在住のロコ、ピーテルさん

ピーテルさんの回答

もうこの段階では無理でしょう ホテルも飛行機の便も満席でしょうから ピニェラ大統領が急に参加すると発表し混雑・混乱は究極模様です 私は日本人グループのガイドでそこに行きますが、日本から...

もうこの段階では無理でしょう
ホテルも飛行機の便も満席でしょうから
ピニェラ大統領が急に参加すると発表し混雑・混乱は究極模様です

私は日本人グループのガイドでそこに行きますが、日本からも多数の見学客が来る様子です。

テリーさん

★★
この回答のお礼

エアーは多少上がってますがまだ取れるようですので良きアドバイスがなければ飛行機&民泊(不安ですがまだ空いてました)とすることにします。

現地情報ありがとうございました

続きを読む »
aocunさん

カホン・デル・マイポ

セマナサンタに家族旅行でサンチアゴを訪問するのですが、1日、日帰りでサンチアゴ周辺旅行をしたいと思って、調べてたら「カホン・デル・マイポ」というところがありました。

tripadvisorでツアー情報をみると日帰りで1人あたり3000円台から10,000円以上と幅広い値段設定です。
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Products-g303680-d4884477-Cajon_del_Maipo-San_Jose_de_Maipo_Santiago_Metropolitan_Region.html

安いのにこしたことはないですが、バスがちょっと古いとか問題があるのも困るので、相場観としてはどれくらいかご存じの方、教えて頂けないでしょうか?また、マイポの感想などあれば教えて下さい。よろしくお願いします。

サンティアゴ在住のロコ、ピーテルさん

ピーテルさんの回答

アオクンさん 安いツアーは町の近く、高いツアーは山奥まで行きます。 サンティアゴの山と同じ山系ですが、街から離れているので大気汚染などなく 自然が楽しめます。私はトレッキングが好きなので年...

アオクンさん
安いツアーは町の近く、高いツアーは山奥まで行きます。
サンティアゴの山と同じ山系ですが、街から離れているので大気汚染などなく
自然が楽しめます。私はトレッキングが好きなので年に2度くらいそのあたりを歩いています。
景色の良いところですよ。

aocunさん

★★★★★
この回答のお礼

ピーテルさん、ご回答ありがとうございます。値段は距離に比例しているのですね。 素敵な山の景色を子供たちに見せたいものです。

続きを読む »
satonoさん

サンティアゴの長時間トランジット

2月にサンティアゴで長時間トランジットします(13時頃着23時頃発)
せっかくなので町にでようかと思っています。
少し前に、空港発着のトランジットツアーのようなものがあったのですが
取り扱いがなくなってしまったようで、自力で行くしかないのかな。と思っています。

調べてみたら、
空港から町まではバスで往復でいけそうなので
少し広場をブラブラしようかと思っています。
半日なので、両替をどの程度すればよいのか、クレジトカードがどの程度使えるのか
悩んでいます。(食事、バス、多少の観光と町ブラ)

また、トランジットツアーのようなものがあれば教えてほしいです

サンティアゴ在住のロコ、ピーテルさん

ピーテルさんの回答

普通、飛行機が着いて2時間ほどで外に出ることができます。 夜中の出発まで時間は十分ですね。 空港からサンティアゴ市内までバスで30分ほど (費用はバス3ドル、タクシー30ドルほど)...

普通、飛行機が着いて2時間ほどで外に出ることができます。
夜中の出発まで時間は十分ですね。

空港からサンティアゴ市内までバスで30分ほど
(費用はバス3ドル、タクシー30ドルほど)

バスで中心地近くまで来て、歩るいて中央広場(プラサ・デ・アルマス)へ。
それに面して大聖堂、歴史博物館、首都圏庁事務所、レストランなどがあります。
もちろん、そこから歩いていける中央市場で 海産料理(貝類 魚 蟹)を味わうのも薦められます。
昼食は20-30ドルです。
それでもまだ時間があれば、タクシーでサン・クリストバルの丘に行くことも可能です。

セントロはスリが多いので注意して下さい。
カードは普通、どこでも使用可能です。

質問があればどうぞ 

藤尾明憲

satonoさん

★★★★★
この回答のお礼

バスとタクシーだと10倍くらい違うんですね。
女性一人でタクシーはどうかなと躊躇しているところもありますが、
時間等を見て、検討したいと思います。
有難うございます!

続きを読む »
ケイコさん

チリ国内の飛行機移動と現地ツアーについて

9月にサンチアゴ、アタカマ、パタゴニア辺りを二週間ほどで周る予定です。時間が無いので飛行機での移動となります。調べたところ国内線はLATAMエアーとSKYエアーが有るみたいですが、どちらがイイ(安い、安心、遅延が少ない等…)とかありますか?出発がヨーロッパなのでLATAMエアーで周遊券を取るのもアリなのかな?とも思っています。
また現地では足が無いのでツアーに参加する予定です。ツアーは旅行前にネットで決済して申し込むのか天気などの状況を見ながら現地で申し込むのかどちらがイイでしょうか?
南アメリカは人生初めてで多分最後の訪問になると思います。比較的安全という事でスペイン語はほぼ分からないのですが(夫はイタリア語が出来ます)チリに決めました。二週間という限られた時間ですが楽しい思い出を作りたいと思っています。

サンティアゴ在住のロコ、ピーテルさん

ピーテルさんの回答

    ケイコさん 1)9月まで時間があるのでゆっくり調べてください。 2)9月は観光シーズンではないですが、建国記念日18日の前後は飛行機・ホテルとも混むでしょう 3)南部はその頃、雨...

   
ケイコさん
1)9月まで時間があるのでゆっくり調べてください。
2)9月は観光シーズンではないですが、建国記念日18日の前後は飛行機・ホテルとも混むでしょう
3)南部はその頃、雨が多いので準備が必要です
4)私はLATAMが好きです。
5)日程
  1日目 STGサンティアゴ到着
  2   市内観光
  3   北部のカラマへ
  4,  カラマ
  5   夜STG戻り、空港前ホテル
  6-9 12州 プンタアレナス
  10-12 10州 プエルトモン
  13   STG 戻り
  14   帰国
細部は後日お教らせします

ケイコさん

★★★★★
この回答のお礼

ご親切な回答を有難うございます。寒さだけでなく雨対策もしないといけませんね!建国記念日のインフォも有難うございます。多分日程に入ってしまうと思います(苦)…。是非参考にさせて頂きます。

サンティアゴ在住のロコ、ピーテルさん

ピーテルさんの追記

私のパタゴニア    Mi Patagonia
                       藤尾明憲 Peter Fujio   2016年
パタゴニアについて何か書いてみる気になった。パタゴニアはチリだけでなくアルゼンチンにも広がる大地のことだが、チリのパタゴニアを中心に私が経験したことを書きたい。
私はチリに1979年に入国した。タイヤの仕事についてパタゴニアの中心地プンタ・アレナスに最初に行ったのは 1981年。もう35年も昔のことだ。長男が生まれたとき、私は直ぐに病院に行けなかったが、それは出張でプンタ・アレナスに行っていたからだ。懐かしい思い出。
歴史的な事実から話を進める。                          この地方がパタゴニアと名付けられたのはマゼランの航海の時だ。1520年のことになる。チリへ来た最初の欧州人が彼らになる。ピサロがインカを滅ぼしたのはそれよりかなり後の1531年のことだ。そしてスペイン人がペルーからチリに入ったのは更に後になる。                               スペイン語でパタは足、ゴンは大きい。パタゴンは足が大きい人と言うことになる。つまりパタゴニアは「足の大きい人が住むところ」英語風で、ディズニーランドみたいにすればパタゴンランドになるだろう。                                     スペイン語で鼻はナリス。つまり鼻がでかい人間はナリゴンとなる。そんな場所はないか。  さて何故パタゴニアと言われたかには二つ説があって、一つは巨人がその地区に住んでいた。もう一つは裸足では寒いから動物の皮をはいで靴にしていたので彼らの足跡が巨大に見えた。確かにその地区で見つかった人骨で身長が2メートルを超える人間がいたことは確認されている。彼らはテウエルチェ族と考えられている。(ヤーガン族とも言われる)この地区で有名な種族はヤマナ族(オナ)で祭りのときには全裸で身体中にペイントする。その写真はパタゴニアの土産物屋さんに行けばどこでも飾ってある。                                    
マゼランが船から見たとき、陸地に赤々と火が灯っていたので、彼らはそこを「火の大地」と名付けた。これを聞いた時、私は先住民は石油・天然ガスを燃やしていたのかと思ったが、違っていた。(彼らは火打石を使っていたことが分かっている)パタゴニアに石油・天然ガスが見つかったのはごく最近、20世紀になってからの話。その大半はアルゼンチン領から採掘されている。                              日本語ではその陸地をフエゴ島と呼んでいるが、マゼランは島でなく陸地と呼んだわけだ。                                  フエゴと言うのはスペイン語で「火」のことだ。                  それから、マゼランと言っても世界の誰も分からないだろう。彼はポルトガル人で本名はマガリャンイスだが、スペイン語ではマガジャネスとなる。彼をマゼランと言うのは日本だけだ。
西回りで世界一周を目指したマゼランは三つの問題を抱えていた。先ず組織の問題。そして食事の問題。最後の一番厳しい問題はルート捜しだった。                             1519年、彼は5隻の艦隊の隊長としてスペインから航海に出た。乗務員は合計270名と言われる。                                   組織の問題とは彼はスペイン艦隊の総監督だったが、スペインと争っている敵国のポルトガル人だったことから、艦隊を形成した船の艦長から全面的な信認を得ていたわけではなかった。実際、航海が始まってから反乱がおこり、反抗した幹部を殺す最悪の事件まで起こっている。その時は権力を利用して表面的な平静を取り戻したが、最後までマゼランは彼らの信頼を勝ち得ることはできなかった。                                     食事の問題は、2年間で世界一周を達成する計画で食料を準備したが、食料不足が深刻になってしまう。例えば堅パンを100トン用意したが、すぐにパン粉になってしまい、中に虫があふれる。しかしそれを食べるしかない。またネズミが現れると、それも殺されて乗務員の腹の中に入って行った。マゼラン海峡に入った段階で食料品の在庫が後3か月になってしまい、先を懸念した1艘の船が、自分たちの食料品を積んだまま味方に連絡することなく本国に逃走すると言う事件も発生している。                       
最後のルートに関しては、500年たった現在に、その

続きを読む »

すべての回答(7件)を見る