ハルビン(哈爾浜)在住日本人が旅の案内ガイドや通訳、予約代行します

現地在住日本人による案内サポート、日本語通訳ガイド、レストラン予約代行、アテンドはもちろん、各種観光手配、留学・ビジネスの相談など、ハルビン(哈爾浜)であなたの「したい」がかないます。

ロコになる

ハルビン(哈爾浜)のロコ一覧

合計: 4人

ハルビン(哈爾浜)の旅行情報

治安、犯罪

長期滞在している間、まだ一度も危ない目にあった事がありません。
海外のどこに行っても共通する事が暗い通りに入って行かないとか、派手な服装をしないとか、おとなしくしていればまず問題無いかと思います。

気候

1年の四季がハッキリしており、冬が特に長く、1年の約3分の1を占める。
気候は、亜寒帯冬季少雨気候に属し、夏と冬の温度差が非常に大きい顕著な大陸性気候である。1月の平均気温は-18.6℃と世界の大都市の中では最も寒い部類に入る。朝の最低気温は平均で-23.9℃にまで下がり、-40℃以下まで下がることもあるが、非常に乾燥していて降雪はほとんどない。

この寒さの為、ハルビンは氷の町と言われている。一方、夏は暑く7月の平均気温は22.8℃、日中は平均で28℃程度まで上がり雨も多く、年間降水量のほとんどが6~9月で占められる。年間平均気温は4℃、年降水量は502.3㍉である

旅のベストシーズン

ハルビン旅行のベストシーズンは夏と冬です。冬は長く寒いですが、夏は短くて涼しいです。

夏になると、ハルピンで「ハルピンの夏の観光文化祭」が開催されています。観光文化祭の中で、一番有名なのは「ハルピンの夏の国際ビール祭」です。毎年7月、ビール祭は開催されています。エキゾチックな音楽が流れたり、たまに上半身が裸の男性が、豪快にハルピンのビールを飲むふりを見せたりしています。観光文化祭は五ヶ月も続きます。ビール祭のほかに、ハルピン松花江の湿地祭、太陽島の猛暑避暑祭など豊富で多彩な観光活動が行われています。
夏は気温が高く、雨も多く、空気が湿っぽいです。7月の平均気温は19~20℃ですが、最高気温は38℃まで上がったこともあります。平均降水量は一年の60%~70%を占めます。降水があまりにも集中しますし、豪雨も時々あるので、洪水による災害が発生しやすいです。

12月から翌年2月にかけては、長くて寒くて乾燥した冬で、大地が大雪に覆われ、見渡す限り真っ白になっています。それに、ハルピンならではの氷提灯、樹氷が道を彩り、各種の氷雪の催しが行われ、観光客は氷雪による無限の楽しさを感じられるでしょう。
ハルピン国際氷雪祭り、亜布力スキーリゾート、兆麟公園氷提灯の園遊会、松花江での冬の水泳は国内外にも有名です。1月の平均気温は零下15℃~零下30℃です。

物価、値段比較、外食費

一般市民の収入と比べて物価は決して安くは無いと思います。
しかし、衣食住の全てにおいて、予算によって選べる選択肢も色々存在します。お客様の求めるレベルに合わせて色々提案していきたいと思います。

国内・国際電話のかけ方 / 公衆・携帯電話・スマホ

中国から日本への電話のかけ方
+81(日本の国番号)+市外局番の「0」を除いた電話番号
携帯へかける場合も最初の0を抜いた番号になります。

日本から中国への電話のかけ方
+86(中国の国番号)+「0」を除いた電話番号
マイラインの契約状況で010の前に番号が付きます。
例)001(KDDI)、0033(NTTコミュニケーションズ)など
基本は上記のようになりますが、やはり国際電話は高いもので、割引サービスを上手に使いたい所です。
国際電話をする場合は、ネット環境があるのならスカイプが便利です。その他の方法として、国際コーリングカードを使えば安く通話できます。

スカイプ通話料:日本⇒中国1.97円/1分(通話ごとに接続料4.82円が必要です)
»スカイプクレジット1,000円分

ちなみに国内通話でもスカイプアプリを利用すれば、劇的に通話料を削減できます。電話番号通知をしなくてもいい相手にはスカイプでの発信・通話がお薦めです。
その他、スマートフォンのAPPを使って、ネット環境さえあれば無料で連絡取れるし、是非挑戦して頂きたい。

日本からそのまま携帯電話を持って行く人もいると思いますが、日本の携帯を使って、中国から日本への国際電話料金は1分間175円、中国滞在時に携帯に着信した場合には着信者側に着信料という特別料金が1分間145円かかりますので、良くご検討ください。10分使うだけでかなりの金額になります。メールやSMSも国内とは別料金です。

短期出張、短期旅行程度なら海外用のWifiレンタルという手段もあります。ネット環境さえ確保すれば、メールや無料アプリを使って、連絡手段は確保できるのではないでしょうか。地図や口コミなども、その都度確認できますので、なかなか便利が良い代物です。wifiレンタルは、複数人でシェアすれば、意外と安く付きます。1人なら中国用プリペイドSIMという選択肢もあります。

トランジットの方法

ハルピン太平国際空港はハルピン市迎賓一路に位置し、ハルピン市内まで約30キロメートルです。
国内就航都市:北京、天津、上海、南京、青島、温州、アモイ、広州、深セン、瀋陽、大連、西安、香港など63都市です。
国際就航都市:ロシアのウラジオストク、ハバロフスク、ヤクーツク、ブラゴヴェシチェンスク 、ユジノサハリンスク、新シベリア、クラスノヤルスク、エカテリンブルク、チェリャビンスク、アバカン(季節性)、マガダン(季節性);朝鮮の平壌;韓国のソウル、襄陽(季節毎の不定期便)、済州島;日本の東京、大阪、新潟;タイのバンコク(季節毎の不定期便)、プーケット島などの都市です。

その他にも空港バス、タクシー、列車、長距離バスなどのオプションが御座います。

お祭りやイベント、行事

☆氷祭り☆
会場 :太陽島公園、兆麟公園、
    メイン会場の氷雪大世界
開催日:毎年1月5日から雪が溶ける2月中頃まで

ハルビン氷まつりは場所によってはチケットが必要ですが、周辺は早朝から夜更けまで散策を楽しめます。特に太陽島では、日中は真っ白な雪像と真っ白な雪の建造物が日の光りを反射してまぶしいほどですが、夜になると全てが淡いパステルカラーでライトアップされ、幻想的な世界を楽しめます。
会場内には、氷雪から離れてサーカスや演劇、ダンスなどのテント、仮設の遊園地もあります。子どもからお年寄りまで、朝から夜までしっかり楽しめることだけは確かです。

☆夏のビール祭り☆
開催日:毎年7月上旬
中国黒龍江省の省都ハルビンは冬になるとマイナス何十度にもなる寒冷な気候で知られますが、またビールの都としても有名です。
ビールの一人当たり年間消費量の都市別ランキングでは一位は文句なしのミュンヘンなのですが、二位三位は諸説あるようで、モスクワだったり、パリだったり、ここハルビンだったりします。いずれにしても、ハルビンの人々がビールを良く飲むビール党であることは疑いの余地はありません。毎年行われるビール祭りでは、ビールが振舞われる他、ビール飲み競争なども行われるそうです。
そんなハルビンの地ビールがこの「ハルビンビール」です。中国のビールといえば青島ビールが真っ先に思い浮かびますが、実は製造開始はこのハルビンビールの方が先、実は中国で最初に製造されたビールなんです。写真の缶に「110周年」と書いてありますが、創業は1900年、ロシア人によるものでした。

ハルビン(哈爾浜)のしぼり込みキーワード

物価は翻訳観光案内通訳