バンクーバー在住日本人おすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email

バンクーバー在住日本人おすすめお土産

49th パラレルコーヒーロースターズのコーヒー豆

49th パラレルコーヒーロースターズのコーヒー豆 ★★★★★
★★★★★49th パラレルコーヒーロースターズのコーヒー豆

・メープルシロップやスモークサーモンなどの定番のお土産はちょっと...
・他の人と違うものが買いたい!

49th Parallel Coffeeは地元バンクーバーの会社で、生豆(焙煎前の生のコーヒー豆)のフェアトレードでの輸入、
ロースト、コーヒー豆や関連グッズの販売、カフェの経営をしています。
コーヒー豆やクオリティーの高さが評判されるのも納得の、香り高い上質のコーヒー豆です。
パッケージもとてもかわいいです^^*

コーヒー豆以外にもオリジナルのアパレルグッズやマグカップも売っています*
デザインもとってもオシャレで可愛いですよ!

コーヒー豆の種類は10種類以上目好みのフレーバーのものをいくつか飲み比べてみるのも楽しいですよ!
コーヒー好きの方、バンクーバーに来られた際に、是非お土産のひとつにいかがですか?

ルーツ(衣類、小物)

ルーツ(衣類、小物) ★★★★★
★★★★★ルーツ(衣類、小物)

カナダのお土産といえば、メープルシロップ、アイスワインとかですよね。それもいいですが、もっとオシャレなもの、ちょっと思考を凝らしたものをって思ってる人いませんか?

Rootsはカナダ発祥のブランドで、これぞカナダっていうデザインをしているくせにまあまあかわいいデザインなんです。また長野オリンピックでカナダ代表の公式ユニフォームをデザインしている有名なブランドなんです。おすすめはパーカーですが、小物、革製品も充実しており、大事な人へのプレゼントには本当に最適だと思います。
まあ、残念なことに東京にも店舗があるみたいですけど、それでも日本ではまだメジャーなほどではないと思うので、今が狙い目ですよ。

アイスワイン

アイスワイン ★★★★★
★★★★★アイスワイン

最近、カナダのワイナリーが力を入れている商品です。アイスワインが最高級ワインと言われる理由は、特別な製造方法にあります。凍った葡萄からは通常の葡萄の8分の1程度の果汁しか搾ることができず、通常のワインの約8倍の葡萄が必要となること。葡萄を収穫せず、樹に房をつけたまま冬の到来を待つため、鳥類や昆虫の被害にあい、多くの農場が収穫減を余儀なくされてしまうこと。そして、凍っている間に葡萄を摘み取り搾汁する必要があるため、作業は真冬の極寒の早朝に全て手作業で行い、大変過酷な労働となってしまうことから希少価値が高いワイン。

ハードバイト

ハードバイト ★★★★★
★★★★★ハードバイト

バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州発のポテトチップスです。
名前のとおり固めのチップスで、一度食べたら止まりません。
遺伝子組み換えでないローカルの材料を使うという企業のスタイルも素敵なので、応援したくなります。

塩味のNatureがオーソドックスですが、
変わり種でヨーグルト味(WILD ONION & YOGURT)やハラペーニョ味(JALAPEÑO)、
ケチャップ味(KETCHUP)なんていうのもあります。
だいたいどれを食べても失敗がありません。

バンクーバーの主なスーパー、ドラッグストアで購入可能です。

ハンド&ボディーローション

ハンド&ボディーローション ★★★★★
★★★★★ハンド&ボディーローション

Naturally Upper Canadaはカナダの会社。商品は全てカナダ産です。Paraben Free, Mineral Oil Free, Synthetic Dye Free, Sodium Lauryl Sulfate Free, Gluten Free, Phthalate Freeと、余分なものの入っていない自然派スキンケア商品で、色々な香りのある中で、私はこのクランベリー&オレンジのボディーローションが気に入って、もう5年以上も同じものを使っています。私は大きなポンプサイズのを使っていますが、お土産として持って帰りやすい小さなサイズのものも売っています。

バンクーバー在住日本人おすすめスイーツ・お菓子

トーマスハス

トーマスハス ★★★★★
★★★★★トーマスハス

最も人気を誇り地元でも有名なThomas Haasです。
ドイツ生まれのThomas Haasですが、今から100年も前からペストリーショップを営む家に産まれました。
元々はハンドクラフトチョコーレートで名声をあげましたが
NYなどの有名パティシエ店で修業を積み、2005年にバンクーバーにも1号店をオープンさせました。
今ではバンクーバーに2店舗(ノースショアとキツラノ)に店舗があり、地元のセレブたちからも絶大なる人気を博しています。
チョコレートだけではなく、ケーキ、マカロン、サンドイッチやタルト、クロワッサンもお薦めです。
日本へのお土産にも喜ばれますよ。

ティムビッツ

ティムビッツ ★★★★★
★★★★★ティムビッツ

カナダ人のソールフード(笑)、ティムホートン。サンドイッチなども美味しいドーナツ屋さんなのですが、中でも日本の方にオススメなのはティムビッツ。ドーナツの真ん中をくり抜いた時にできる余った生地で作られた一口サイズのドーナツなので、笑っちゃうくらい安い金額で、色んな味が楽しめちゃうんです。また、夏にはアイスカプというドリンクが大人気。そしてカナダ人はダボダボという砂糖2&ミルク2が入ったコーヒーも大好きです。甘いコーヒーが好きな方はこちらもお試しあれ。

シークレットガーデン

シークレットガーデン ★★★★★
★★★★★シークレットガーデン

バンクーバーの高級住宅が並ぶエリアに、昔からあるカフェです。
数あるアフタヌーンティーカフェの中でも1番人気のあるアフタヌーンティーカフェです。
素朴だけど美味しくてまた食べたくなる、そんなサンドイッチとスイーツ、美味しい紅茶が楽しめます。
スコーン嫌いだった私が、ここのスコーンを食べて大好きになりました。
地元の方からの人気も高く、ハイティーは平日は2日前、週末は1週間前からの予約が必須です。
お子様用のハイティーもあります。

ラッキーズのドーナツ

ラッキーズのドーナツ ★★★★★
★★★★★ラッキーズのドーナツ

Lucky's doughnutsは地元の人に大人気で、土日は行列必須です。ケーキタイプのドーナツの他、日本ではなかなかないモチモチしたパンタイプのドーナツがあります。常時10種類ほどが店頭に並び、季節ごとに様々なフレーバーのドーナツを楽しめます。私の一押しはサワードーナツと、アップルベーコンフリッターです。どのドーナツも3ドルから4ドルほどですが、大きさもかなりあるので食べ応えがありますよ。

チーズケーキエトセトラ

チーズケーキエトセトラ ★★★★★
★★★★★チーズケーキエトセトラ

夜7時以降にしかオープンしないナイトカフェです。チーズケーキが有名で、ムードある店内ではジャズが流れ、
デートにもピッタリの場所です。時間は決まっていませんが、たまにピアノの生演奏もあります。
一瞬、ジャズバーかな?と思わせる雰囲気で食後のデザートを楽しむことができます。
場所はダウンタウンから橋を渡ったところですが、夜景を見ながら橋を渡ってみるのもアリですよ。

バンクーバー在住日本人おすすめショッピング・買物スポット

メック

メック ★★★★★
★★★★★メック

カナダオリジナルのアウトドアブランドのお店です。
アウトドアブランドといっても丈夫でオシャレだし、
何より品質の割に手頃な値段で買えるので、お土産に悩む人には、
ここのボトルやTシャツなんかをおすすめしています。
日本にない感じの鮮やかな色遣いで、目をひきますよ!

お店の特徴は、キャンプ用品や自転車やカヌーといった大型のアウトドア用品から、
山登り用の靴や水筒やバッグ等の小物までアウトドアに関する品物ならなんでもそろいます。
ノースフェイスやパタゴニアなどのアウトドアブランドも一通り置いてあるので、
一度に一か所で比較してお買い物できるので便利です。
レディース、メンズ、子供服や帽子やストールといったファッション小物も売っているので、
アウトドアやカジュアルなテイストのが好きな人にはぴったりだと思います。

ダウンタウンから少し離れたブロードウェイ沿いにありますが、
ダウンタウンからスカイトレインに乗れば10分ほどで移動できます。
地元の雰囲気も味わえるのでおすすめですよ。

無印良品ロブソン店

無印良品ロブソン店 ★★★★★
★★★★★無印良品ロブソン店

日本でおなじみの無印良品(MUJI)のロブソン店が2017年12月1日にオープンしました。
いままではバンクーバーエリアではバーナビーのメトロタウンにのみあり、ダウンタウンから遠いためあまり旅行者には縁がありませんでしたが、今回オープンしたロケーションはホテルエリアからもとても便利なロブソン・ストリートの中心部にあります。新店舗はアジア以外では世界最大の面積を有し、日本とほぼ同じ商品が購入できます。

日本から来てるから必要ないと思われがちですが、観光旅行やビジネス旅行中に急に必要になった各種グッズ、アンダーウエア、ワイシャツ、普段着、筆記用具、旅行用品、化粧品などなどよりたくさん種類の良質な商品がラインナップしてあります。また、カナダバージョンのデザインのシャツやショッピングバッグなどもあり、お土産にも最適です。

セージ

セージ ★★★★★
★★★★★セージ

カナダではアロマ系から食べ物までオーガニック製品にこだわっている人がとても多いです。その中でもセージはカナダ全土でチェーン店展開していて、バンクーバーには3店舗あります。“オールナチュラル”製品と言えば、セージでしょう。“オールナチュラル”というのは、全ての製品製法を100%自然物を使っているという意味です。そのため、人の体との相性がいいのです。
イメージにあるのは、お茶です。茶葉タイプなので茶こしが必要になります。カフェインは含まれておらず、食後や就寝前に飲むととても落ち着きます。価格は$17くらいです。

ウィナーズ

ウィナーズ ★★★★★
★★★★★ウィナーズ

お買い物好きな人にオススメなのはWinners & HomeSense!Winnersには掘り出し物の洋服やバック、アクセサリー、オモチャ、靴などがたくさん並ぶアウトレットのような場所。 HomeSenseコーナーにはキッチングッズや家具、ベッド用品やバスグッズ、ペット用品などがこちらもお値打ち価格で所狭しと並んでいます。掘り出せば掘り出すほど色々出てきてたまらない!じっくり時間をかけて買い物をして欲しいです。

このお店の斜め前には大きなホールフーズもあるので、合わせて買い物を楽しめます♪

これぞカナダのショッピングモール

これぞカナダのショッピングモール ★★★★★
★★★★★これぞカナダのショッピングモール

バンクーバーの東側に位置するバーナビーにあるショッピングモールです。バンクーバーからバスで簡単に行くことができます。ファッション系からお土産系まで本当に何でもあるので、ショッピングが好きな方にはオススメです!現地の安いスーパーも入っているため、お目当てのものが意外と安く手に入ったりするかもしれません。フードコートに加え、お手頃価格の日本料理屋さんもあるので、お昼ご飯にも困ることはありません。(写真出典:Metropolis at Metrotown)

バンクーバー在住日本人おすすめグルメ・食事スポット

ミートオンメイン(メインストリート)

ミートオンメイン(メインストリート) ★★★★★
★★★★★ミートオンメイン(メインストリート)

みてください。この見た目完全にジューシーなハンバーガーを!!!!
このお店はビーガンの人のための料理を提供してくれるお店です。
ビーガン?
ビーガンとはベジタリアンの最強レベルだと思ってください。肉だけでなく、動物性製品は一切口にしない人のことです。肉、魚はもちろん牛乳、チーズ、卵もだめです。
でも、このハンバーガーどう見ても、そしてどう味わっても肉なんですよね!!!どうなっていることやら。
もともと肉社会の北アメリカですが、健康面や社会的情勢からベジタリアン、ビーガンになる人って結構いるみたいですね。だからこういうお店も多い!すっごいファンキーな精進料理なイメージでしょうか。こういう文化も意外と日本では体験できないですよね。日本人はもともと肉あんまり食べないですしね。

ロドニーズ

ロドニーズ ★★★★★
★★★★★ロドニーズ

店内もとってもお洒落な雰囲気で、かっこいいお兄さん達が目の前のバーでオイスターをさばいてくれます。そして、いつ行っても最高のオイスターが食べられます。オイスターバーならここ!他のシーフード料理も絶品です!

【最近行った美味しいオススメのレストラン?】

◽︎ http://www.joefortes.ca/ (シーフード)
◽︎ http://www.chewies.ca/ (シーフード&初めてフライドチキン&ワッフル食べました!)
◽︎ http://www.phogoodness.com/ (ベトナミーズ)
◽︎ http://cqdz.ca/zh/home-5/ (火鍋)
◽︎ https://treescoffee.com/ (チーズケーキ)
◽︎ http://www.congeenoodlehouse.com/ (シーフードのお粥が好き♡)
◽︎ http://cheesecakeetc.com/ (夜のみ営業のチーズケーキカフェ)

これぞカナダのハンバーガー

これぞカナダのハンバーガー ★★★★★
★★★★★これぞカナダのハンバーガー

これぞカナダという食事を堪能したいという方にオススメです。ブリティッシュコロンビア州産の牛肉を使った本格的なハンバーガーを味わうことができます。また、個人的には、前菜で出てくる自家製のポテトチップがオススメです。

他にも、バンクーバーには、日本・韓国・中国・インド・ペルシャ・イタリア・ベトナム・ブラジル・トルコなどなど、本当にいろんな国の美味しいレストランがあります。ベジタリアン向けのレストランもあります。是非ご相談ください。

カクタス・クラブ・カフェ

カクタス・クラブ・カフェ ★★★★★
★★★★★カクタス・クラブ・カフェ

  こちらのレストランはバンクーバーではとても有名です。どれを食べても一流ですが、こちらで食べるサーモンは絶品です。ソースが素晴らしい。このソースがサーモンの味をより引き立たせてくれます。
 また一流なだけあってスタッフのサービスも一流です。
 とても人気なので予約をしないと入れません。
 また全てが一流なので値段もそこそこしますが、食べて損はしません。ぜひバンクーバーに来たら一度は行っていただきたいお店です。

サンド・バー

サンド・バー ★★★★★
★★★★★サンド・バー

バンクーバー・ダウンタウンから、グランビル橋を渡った反対側にあるグランビル・アイランド。そこにあるレストラン、サンド・バーでは、毎週月曜日から金曜日、3時から6時までの間だけ注文できる「マッスル・マニア(Mussel Mania)」。ムール貝、フライドポテト、ビールでなんと12ドル。ムール貝の味付けは3種類のソースから自分の好きなものを選ぶことができます。お得な上に、めちゃおいしい!

バンクーバー在住日本人おすすめ料理・食べ物

アーアンドチー

アーアンドチー ★★★★★
★★★★★アーアンドチー

モダンなベトナム料理屋さんです。インテリアがとてもいい感じで雰囲気がすごくいいです。夏はパティオがオープンしているので、外に座るのもいいです。ただ蜂がウロウロしているので蜂が苦手な人は控えた方がいいかもしれません。オススメはストリートサイドプラター(street side platter) という、自分で生春巻きを作って食べるっていうのが、楽しいし、オススメです。このプラターについてくる、betal beef という串焼きがオススメなのと、このプラターにはついてきませんが、beef in lemongrassというレモングラスが串の代わりになってる串焼きがオススメです。あと、ここのスプリングロールは絶対頼んだ方がいいです。忘れてはいけないのが、ここのカクテルです。すごく本格的で、ここへ行ったら、カクテルを頼む価値ありです。個人的にはold asian ladyという、クラシックなカクテルと、drama quy というラベンダーを1日ほど浸けたテキーラを使用していてて、ラベンダーの香りがとてもいいカクテルです。

世界各国の料理が楽しめる!

世界各国の料理が楽しめる! ★★★★★
★★★★★世界各国の料理が楽しめる!

カナダの名物料理はもちろんプティン。そ!フライドポテトにグレービーソースがかかったアレです。
え?フライドポテト?ソースがかかったところでフライドポテトとか別に有り難みないわー。
確かにそうですよね。だって結局フライドポテトですもん。じゃあカナダの料理って他に何があるん?ピザ????うーん。。。。。

そういう方は必見!
忘れちゃいけないのはカナダは移民の国ということ。特にバンクーバーは80%が移民で構成されているという奇跡の街。日本以上に世界各国のたべものが食べられます。とくに僕がおすすめするのはイランやアラビックなどの中東の料理です。日本でも案外珍しいとは思いませんか? バンクーバーにはサウジアラビアやイラン、トルコなどの普段日本人が余り旅行しないような国の料理がいっぱいあるのです。バンクーバーに来たなら是非ご賞味下さい。

ロドニーズの種類豊富で新鮮なオイスター!

ロドニーズの種類豊富で新鮮なオイスター! ★★★★★
★★★★★ロドニーズの種類豊富で新鮮なオイスター!

カジュアルな老舗のオイスターハウス!
スタッフは全員ムキムキ💪の男性スタッフで、明るく入りやすい雰囲気🎵
カウンターと一階二階のテーブル席があります。
カウンターがオススメ💕
クラムチャウダー、ムール貝はスチームで注文の後作ってるようです!
オイスターは少し小粒なので1人10個は食べれます!種類が豊富なので、ちょっとずつ全部の種類を楽しみたくて、私はいつもミックスでお任せにしてます😍無料のパンも美味しい🙆‍♀️
ビール、シャンパン、白ワイン、かなり飲んだのに2人で$150程で、お値段もそこまでたかくありません!!超おススメ!

スポットプラウン(カナダボタンエビ)

スポットプラウン(カナダボタンエビ) ★★★★★
★★★★★スポットプラウン(カナダボタンエビ)

毎年5月の1ケ月間限定ですが、バンクーバー近郊の海で収穫されるボタンエビです。
日本ではカナダボタンと言われるものですが、バンクーバーやリッチモンドでは取れたてを漁船から直接購入できるためフレッシュなエビを楽しめます。
我が家では刺し身を楽しんだあとは頭を天ぷらや鬼殻焼きにして全部食べつくしちゃいます。5月以外は冷凍物になってしまうので鮮度が落ちてしまいますのでご注意を!

最近流行りのポケ

最近流行りのポケ ★★★★★
★★★★★最近流行りのポケ

ハワイ発祥のポケが最近バンクーバーで流行っています。ここ1年でもお店がかなり増えました。
ポケは、ベース(白米or玄米orサラダ)に、魚介類(マグロ・サーモン・エビ・ホタテなど)とトッピング(めかぶ・トマト・枝豆・アボカド・卵など)をのせた丼ぶりで、非常にヘルシーな食べ物です。
個人的には日本でそのうち流行るんじゃないかと思っているほど、日本人にとって美味な食べ物だと思います!

バンクーバー在住日本人おすすめ観光スポット

グランビル・アイランド

グランビル・アイランド ★★★★★
★★★★★グランビル・アイランド

ダウンタウンからフォールスクリークを挟んで対岸にある、出島のような小島がグランビルアイランド。かつて工場地帯だった場所が再開発され、アートスクールや劇場・ホテルの他、ギャラリーやクラフトショップ、シーフードレストランなどおしゃれなお店が100店以上も集まっています。
ウォーターフロントのグランビルアイランドからは、山が望め、そして近くにはガラス張りの高層ビルがそびえ、都会と自然がごく近くにあることを実感できます。 ヨットハーバーに囲まれ、潮風が吹き抜けるその雰囲気は、海辺の街バンクーバーの中でもひときわさわやか。またここにある大きなパブリックマーケットは、フルーツから野菜、シーフードなど、ありとあらゆる食材が山のように並んでいて、見て歩くだけでも楽しくなります。もちろん鮮度も抜群で地元の人々にも大人気。驚くほど種類豊富なフードコートもあり、ここでお気に入りの料理をテイクアウトして、水際のベンチでカモメを眺めながらランチ、というのも是非おすすめです。週末ともなると、ファミリーやカップルなど大勢の人が訪れ、大変な賑やかさ。あちこちでストリートパフォーマンスも行われ、エリア全体がテーマパークのような楽しさになります。

シートゥスカイゴンドラ

シートゥスカイゴンドラ ★★★★★
★★★★★シートゥスカイゴンドラ

バンクーバーのダウンタウンの街もいいけれど、カナダらしいところに行きたい方にぴったりなのが
ダウンタウンから60km(クルマで1時間弱)のsea to sky gondolaです。
おすすめのコースはすぐ隣のシャノンフォール(滝)を見てから歩いてゴンドラ乗り場へ。

年間通しての日照時間の短いバンクーバーでは、春から秋口にかけてのトレッキングが人気です。
ゴンドラ頂上から見る夕陽も最高!
湖や美しい山々を眺め、ビールを飲みながら夕陽を眺めることもできます。

観光プランA(半日)
ダウンタウン→シャノンフォール→シートゥスカイゴンドラ
観光プランB(1日)
ダウンタウン→シャノンフォール→シートゥスカイゴンドラ→ウイスラー(ビレッジ散策)
他にも湖や(Peak2peak)、マインミュージアム(鉱山博物館)など、見どころもたくさんあります。
トレッキングやキャンプなどなど、カナダの大自然を満喫したい方にオススメします。

レックビーチ

レックビーチ ★★★★★
★★★★★レックビーチ

言わずと知れたバンクーバーのヌーディストビーチがこのレックビーチです。
男も女も年齢問わず全裸です。
僕はバンクーバーに来るまでそんなに海外経験がある方ではありませんでした。なので、ヌーディストビーチなんてフィクションの話かと思ってたんです。だけど、本当にあるんですね。びっくりしました。
バンクーバーの人たちは本当に脱ぐのが大好きなんです。冬はズボンを履かないノーパンツデー。夏になるとダウンタウンを全裸で自転車滑走するヌードバイク、またレックビーチで行われるヌードマラソンなどなど。僕には全く理解できひんし、マラソンしたらプランプランしすぎて落ち着かへん。ま、とにかくこれも日本では体験し難いものですよね。

スタンリーパーク

スタンリーパーク ★★★★★
★★★★★スタンリーパーク

ダウンタウン周辺で、どこが一番「カナダ・バンクーバーらしさ」を体感できるか、と考えると私の一番のオススメはスタンリーパークですね。

スタンリーパークには、リス、アライグマ、カナディアングースなど、都心のすぐ横という立地のわりにとても多くのカナダの生き物を見られますし、インディアンの遺跡であるトーテンポールも見ることができます。
さらにジブリの世界を思わせるような、素敵なレストランとガーデンがあるのも、魅力の一つだと思います(^ー^)

画像のように、水辺に映るバンクーバーの町の景色も見ることができるので、バンクーバーの町をゆっくりとした雰囲気の中で楽しめると思いますよ♪

 リンキャニオン

リンキャニオン ★★★★★
★★★★★ リンキャニオン

バンクーバーの観光名所と言えば Capilano 吊り橋ですが、入場料40ドル程が、かかってしまいます。そこでオススメなのが、Lynn Canyon! こちらはなんと言っても無料で、Capilano吊り橋と同じような吊り橋があり、軽いハイキングコースにもなっているThe・自然の観光名所です!個人的に1番お気に入りのスポットで、もう5回程行っているでしょうか。。!
吊り橋を渡り、少し歩いて行くと、北海道の青の池?ぐらいの色の川があり、夏には崖から飛び込みジャンプなどをして遊んでいる人が多いです!
浅瀬もあるので、お子様にもオススメ!

バンクーバー在住日本人おすすめ1日観光モデルコース&プラン

ノース、ウエスト バンクーバーを散策しよう!

ノース、ウエスト バンクーバーを散策しよう! ★★★★★
★★★★★ノース、ウエスト バンクーバーを散策しよう!

【午前】
09:00 バンクーバー内のホテルを出発
    ライオンゲートブリッジを通り、ノースバンクーバー内へ
9:30 キャピラノ吊り橋 到着
例)サスペンションブリッジで恐怖体験の後は、空中散歩のなか、大自然を楽しもう!その後、大絶壁のクリフウォークを挑戦(ガイドの入場料は無料です)
  http://jp-keepexploring.canada.travel/things-to-do/exp/capilano-suspension-bridge-park-cliffwalk#/?galleryItemId=200007494

11:00 グラウスマウンテンのゴンドラでグラウス山へ(季節によっては、グラウス グラインドもご一緒出来ますが、健康に問題がある方等はご遠慮ください。)。グリズリー(ハイイロ熊 大型)を見た後、時間によっては、木こりや鷲のショウがご覧いただけます。その後、サンドイッチ、もしくはビーバーテイル(ビーバーのしっぽの形をした揚げ菓子)等の軽食、もしくはレストランでランチを取った後、ご希望の方に限り、リフトで更に山頂も目指して頂けます。ガイドの年会員としての特典にて、2名様までゴンドラ料金が50%引きになります。また、ガイドのゴンドラ料金は無料です)
https://www.grousemountain.com/

【昼】
12:00 先ほども述べたように、グラウス山山頂にて、軽食もしくはレストランにて昼食を食べて頂きます。
例)地元で有名なビーバーテイル(ビーバーのしっぽに似た揚げ菓子がお薦めです。

【午後】
13:00 グラウスを出発

13:15 キャピラノ 鮭孵化場にてサーモンのようすを見て頂きます。

14:00 キャピラノ 鮭孵化場出発
ウェストバンクーバー 超高級住宅街を通り、Light house park(灯台)へ向かいます。 

15:00 Light house parkに到着後、灯台付近まで森林内を散策(駐車場から30分程歩きます)
 
16:30 Light house parkを出発し、Lonsdale Quay(シーバス乗り場のマーケット市場)にて、雑貨、野菜、お土産、シーフードのお買い物をお楽しみください。
 
17:00 現地解散(各自でシーバスに乗ってダウンタウンへお帰り頂きます。その際はガイドは現地でお見送りいたしますが、チケットの購入はお手伝いいたします。Lonsdale Quay からWater Front(ダウンタウン)に到着いたします。

18:00 お車での送迎が必要な場合、また下記の場所でお夕食が必要な方は、追加料金にてお手伝いいたします。 

【夜】
19:00 Lonsdale Quay 付近の有名日本食レストランで夕食(超高級店ではございませんが、1人当たり20ドル~50ドルはかかるかと思います)

<プランを楽しむコツと事前準備>
・例)当日は車での移動がほとんどですが、かなり歩きます。軽装、スニーカー等の動きやすい格好でお越しください。また、山頂はかなり気温が下がりますので、ジャケットをご持参ください。ジャケット等必要のない時は車の中に置いておけますので、ご安心ください。グラウスグラインドに挑戦したい方は、お水(1リットル以上)とエネルギー補給用のバーがあるといいかもしれません。(もし事前に必要な方はおしゃってください。3ドル~5ドルにてお水とエネルギーバーはこちらでご用意できます。)

バンクーバー1日ドライブ観光モデルプラン

バンクーバー1日ドライブ観光モデルプラン ★★★★★
★★★★★バンクーバー1日ドライブ観光モデルプラン

人気のプランの1例をあげますと。。。。
【午前】
09:00 ホテルにお迎え
09:20 スタンレーパーク1周、公園南側からダウンタウンの景色 (トーテムポールやギフトチョップ)
    北側ライオンズゲートブリッジ横のプロスペックポイントからノースショアを望む   
10:00 キャピラのサスペンションブリッジ
    70mの高さと全長137mのサスペンションブリッジはスリル満点。
    橋を渡るとトレイルもありお子様から大人まで楽しめます。
    マイナスイオンで癒されてください。
11:30  ダウンタウンに移動
12:00  ランチタイム (お好きな場所へご案内いたします)
14:00  クイーンエリザベスパーク
15:00  グランビルアイランド (ゆっくりお買物をお楽しみにください。)

17:00すぎ ホテルに送迎

※歩きやすい服装とお靴でお越しください。
※時間等ご相談に応じます。

バンクーバーの待ちぶらりひとり半日旅

バンクーバーの待ちぶらりひとり半日旅 ★★★★★
★★★★★バンクーバーの待ちぶらりひとり半日旅

【午前】
09:00 ホテルを出発
バスに乗ってカナダプレイスを目指します
10:00 カナダプレイスとガスタウンを見学
ガスタウンでショッピングとカナダプレイスで景色の写真撮影
11:00 スタンレーパークに移動
スタンレーパークをぐるりと一周
【昼】
12:00 グランビルアイランドにて昼食を食べる
地元では有名な市場で美味しい、バンクーバーグルメに舌鼓

<プランを楽しむコツと事前準備>
バスを使うのでパスケースがあると便利
動きやすいスニーカーや夏季は日差しが強いので暑さ対策が必要

ボーイング社工場見学&シアトル一日観光

ボーイング社工場見学&シアトル一日観光 ★★★★★
★★★★★ボーイング社工場見学&シアトル一日観光

【午前】
07:00 市内ホテル出発 車にてシアトル方面へ向かいます。
08:00 日本では経験できない車での国境通過
10:00 ボーイング社エバレット工場見学
【昼】
13:00 シアトル市内にて昼食 シーフードがおすすめ!

【午後】
14:00 スターバックス1号店などシアトルダウンタウンを市内観光
16:00 プレミアム・アウトレットでショッピング 
20:00 バンクーバー市内到着 

・工場見学は少しだけ一般工場内を徒歩で歩きますので、歩きやすい靴と服装をしてください

ハイキング(素晴らしい眺め)と人気ランチと名物マーケットで満喫!1日コース

ハイキング(素晴らしい眺め)と人気ランチと名物マーケットで満喫!1日コース ★★★★★
★★★★★ハイキング(素晴らしい眺め)と人気ランチと名物マーケットで満喫!1日コース

1日でバンクーバーを知ることができる、よくばりプラン!
カナダの自然にふれて、美味しいものを食べて、お買い物までできます。
しかも、送迎付きで移動のわずらわしさも解消!
お好みで内容を変えることもできます。
大手代理店やオプショナルとは違う、あなたの旅行が作れます!!

バンクーバー在住日本人おすすめエリア・地区

スティーブストン

スティーブストン ★★★★★
★★★★★スティーブストン

バンクーバー中心部から30分ほどのスティーブストンは、バンクーバーの南リッチモンド市の南端に位置し、小さな港町ですがおしゃれなシーサイドレストランやショップが数件あります。港には漁船が停泊して地元産の甘エビや銀ダラやサーモンなどが直接買えるので地元の人々やバンクーバから来た人たちに人気のスポットです。
町並みはアーリーアメリカン調の雰囲気を今に残す関係で、ドラマ Once Upon a Time や ハリウッド版ゴジラの他か様々な映画のロケ地にもなっています。
スティーブストンは元来日本人の作った街で、近隣には日本人の漁師がかつて住んでいた歴史資料館などがあったり、日本人の名前がついた道路や小学校もあります。

スティーブストン

スティーブストン ★★★★★
★★★★★スティーブストン

バンクーバーの南側にあるリッチモンドの端にある漁村です。
港に船が横付けされていて、その場で新鮮な魚介類をその場で購入することができます。
周囲にはおみやげもの屋さん、カフェ、レストランがあり、にぎやかです。
春は近くの公園の桜、夏はここからホエールウォッチングの船が出ていて、どの季節でも楽しめます。
また、歴史地区には昔の缶詰工場や日系移民の家が保存されているので、ぶらぶら歩くのにもいいですよ。

近隣には本格的な日本食レストランやフィッシュ&チップスのお店がありますし、リッチモンドには飲茶のお店がたくさんあります。
港の雰囲気を味わったり、食べ歩きをしたり、一日中楽しめると思います。

スティーブストン

スティーブストン ★★★★★
★★★★★スティーブストン

映画『バンクーバーの朝日』でも有名になった、かつての日系人が多く住んでいた漁村。
現在は整備され、かつてのビレッジの雰囲気を残した町並みを楽しむことができます。
週末にはフィッシュマーケットも開催され、家族連れなどで賑わいます。
周辺施設としてジョージア缶詰工場博物館や保存された日系人の家屋などがあります。
食事はフィッシュ&チップで有名なお店『Pajo's』がありますので、ランチはそこがオススメ!

グランビルアイランド

グランビルアイランド ★★★★★
★★★★★グランビルアイランド

 【グランビルアイランド】
海の幸、山の幸、イタリアン食材や新鮮な果物、、地元のビール工場、手作りソーセージまた工芸品やメイプルシロップなどのお土産も多数あり、バンクーバーの一番人気の観光スポットとなっております。
中にはKids Placeもあり小さいお子様から大人まで楽しめる場所です。
私がアテンドさせていただくお客様からのリクエストも多く、皆さん楽しんで帰られます。

メインストリート

メインストリート ★★★★★
★★★★★メインストリート

メインストリートはダウンタウンから少しだけ離れていますが、たくさんのローカルのお店が並んでいる通りです。 7th avenue から 30avenue まで、様々なレストランやカフェ、バー、雑貨屋さんがあります。壁画も多く歩いていて楽しいです。チェーン店のお店は殆どなく、ローカルのお店ばっかりなのが魅力的です。たまにイベントがあり、道を封鎖して、イベントをやっていたりします。

バンクーバー在住日本人おすすめ夜景スポット

スタンレーパーク

スタンレーパーク ★★★★★
★★★★★スタンレーパーク

スタンレーパークから見るコールハーバーの景色は、ザ•バンクーバーといった感じです。ただ、夜はスタンレーパークは絶対一人で行かないでください!!複数で行ってください!
もちろん他にもお気に入りがあるのですが、車じゃないといけないところ(公共交通機関がない)が多いので、こちらをお勧めします。もしくはオリンピックビレッジのシーサイドから見渡すダウンタウンもライトアップしていてきれいです。

ハーバーセンター ルックアウト&展望レストラン

ハーバーセンター ルックアウト&展望レストラン ★★★★★
★★★★★ハーバーセンター ルックアウト&展望レストラン

バンクーバーの夜景を一望するなら、ハーバーセンターがオススメ!ルックアウトという展望台もありますが、ここへの入場料は$17.50。なので私は展望レストラン、Top of Vancouver Revolving Restaurantをさらにオススメしたいと思います!オシャレなレストランは、じっくり時間をかけて360℃回転するので、ゆっくりご飯を食べながら、バンクーバーの夜景をたっぷり満喫できます。

夜の散歩に最適なオリンピックビレッジ

夜の散歩に最適なオリンピックビレッジ ★★★★★
★★★★★夜の散歩に最適なオリンピックビレッジ

ダウンタウンの海岸沿いにあるオリンピックビレッジ。バンクーバーオリンピックの選手村として整備された場所で、モダンな散歩道です。夜には球状のサイエンスワールドがライトアップされ、非常に綺麗な夜景を楽しむことができます。カップルにはオススメのデートスポットです。

グラウスマウンテン

グラウスマウンテン ★★★★★
★★★★★グラウスマウンテン

バンクーバー・ダウンタウンからバス(車)で30分足らず
ゴンドラに乗ってグラウスマウンテンへ。。
1年中通して上がることができ、絶景の夜景スポットです。

他にはバーナビーマウンテンからの夜景もおすすめです。

クイーンエリザベスパーク

クイーンエリザベスパーク ★★★★★
★★★★★クイーンエリザベスパーク

Oakridge 41st station から徒歩10分の公園で、15番のバスで10分でもいけます。
入場料は無料で、上に上がっていくと、このような景色が一望できます。街のライトがキラキラしていて、とても綺麗です。

バンクーバー在住日本人おすすめ夜遊びスポット

クリスマスマーケット(冬)、ナイトマーケット(夏)

クリスマスマーケット(冬)、ナイトマーケット(夏) ★★★★★
★★★★★クリスマスマーケット(冬)、ナイトマーケット(夏)

冬は11月末〜12月にクリスマスマーケットが開催されます。
クリスマスマーケットでしか味わえないグルメやスイーツがたくさんあります。ホットワインを飲みながら、地元のアーティストの作品を見たり、クリスマスの雰囲気にどっぷりと浸ることができます☆

夏は5月中旬〜9月にナイトマーケットがバンクーバーの色々なところで開催されます。
おすすめはアジア系のナイトマーケットです。本場中国や台湾の屋台グルメが堪能できます。
ステージではダンスなどのショーも行われます。

グランビルストリートのクラブ街

グランビルストリートのクラブ街 ★★★★★
★★★★★グランビルストリートのクラブ街

週末の夕方以降になるとオシャレに着飾った人々がダウンタウンのクラブに繰り出していきます。
日本のクラブには行った事がありませんが、こちらは厳重な荷物チェックを受けた後に入場料を払い中に入ります。

クラブの中では色んな国の音楽がかかっており、みんな陽気なので、とても仲良くなれて一緒に踊ったりして楽しめます。
クラブごとにも音楽の趣向が違うので回ってみるのも楽しいかもしれませんね。

セレブレティーズ ナイトクラブ

セレブレティーズ ナイトクラブ ★★★★★
★★★★★セレブレティーズ ナイトクラブ

日本に比べ、パブなど以外になかなか夜遊びスポットのないバンクーバーですが、ナイトクラブはかなり充実しています。中でも私のオススメはCelebrities Nightclub。元々はゲイクラブですが、女性客も多く、ライトに安全に楽しめます。イケメンスタッフたちが深夜すぎると露出が増えたりと女性には楽しいこと間違いなし!?

フォックアキャバレー

フォックアキャバレー ★★★★★
★★★★★フォックアキャバレー

ダウンタウンにいくつかクラブはありますが、学生が多く年齢層が低かったり、内容によりますが音楽を楽しみたいときには向いてなかったりします。ここはダウンタウンから離れているので、ローカルな人が多く、ひつこいナンパもないです。

フェアモントホテル・ラウンジ

フェアモントホテル・ラウンジ ★★★★★
★★★★★フェアモントホテル・ラウンジ

ドレスアップしてバンクーバーの夜を楽しみたい時に!ピアノの生演奏を聴きながら大人な時間を過ごせます。とくに週末は地元の人たちにとっても人気で、観光地とはまた少し違った素敵な夜を楽しめること間違いなしです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email

その他のバンクーバー在住日本人のおすすめ

ブリティッシュコロンビア州の各エリアのおすすめ

ビクトリアネルソン(ブリティッシュコロンビア)サーモンアームカムループスバンクーバー島ウィスラーケロウナテラスプリンスジョージクリアウォーター(ブリティッシュコロンビア)エンダビーファーニーコキットラムギブソン(ブリティッシュコロンビア)バーノンスコーミッシュレベルストークラングリーナナイモキャンベルリバーサレーバーナビープリンスルパートクランブルックメイプルリッジアボッツフォードサマーランドノースバンクーバーチリワックキンバリーパウエルリバーポートムーディ