シンガポールの治安、気候、物価や祝祭日など旅行情報

シンガポールの治安、気候、旅行のベストシーズンや物価、旅行の予算、休日、祝日とお祭りの紹介

ロコになる

シンガポールのコンセント形状、電圧は?変換プラグ、変圧器は必要?

【シンガポール在住者執筆】シンガポール旅行中にiPhoneの充電や、ヘアアイロンの電源に必要なコンセントのタイプや、日本との電圧の違いについて徹底解説!

iPhoneなどのスマートフォンの充電をしたいときや日本で使っているヘアアイロンを使用したいときなど、そのままコンセントにプラグを差し込むと、火事や感電を起こす危険性もありますので、正しい方法で日本から持ってきた電化製品をシンガポールで使用するためにはどうすれば良いか、その使用方法についてご紹介します。

シンガポールの電源プラグ形状、変換プラグ

結論からいいますと、シンガポールのコンセント形状は日本と異なるため、変換プラグが必須になります。

電源プラグの形状はBF/B3タイプ

最も一般的な形状がBFタイプという角型3本のプラグです。まれに丸型3本のB3タイプがあります。日本のおなじみのAタイプの電源プラグは使用できないため、日本製の電化製品を持っていくのであれば変換プラグが必要になります。

変換プラグを買うならダイソーなどの百均で

変換プラグはダイソーやセリアなどの100円ショップで買うとお得です。海外旅行に頻繁に行かれる方であれば、マルチタイプの変換プラグがひとつあると重宝します。

シンガポールの電圧、変圧器

シンガポールの電圧は日本の電圧より高いので、電化製品によっては変圧器が必要になります。

シンガポールの電圧は230V(ボルト)

日本の電圧は100Vです。日本の電圧にのみ対応した家電などはそのままシンガポールで使用することができません。間違ってコンセントに差すと過電流などで電化製品が故障してしまうだけでなく、感電や火事の原因にもなるので十分にご注意ください。

変圧器が必要ないものと必要なもの

変圧器が必要ないもの
上の写真のように全世界対応(海外対応)タイプ(100~240V)の電化製品であればそのまま使用可能です。海外旅行でよく使われる家電は全世界対応タイプであることが多いです。

変圧器が必要なもの
日本対応タイプ(100V)の電化製品は、変圧器を使用して電圧を変えることで使用が可能です(後述しますが、変圧器を使用しても使えないケースもあります)。

【iPhoneの充電】

Apple製品は全世界対応(海外対応)タイプ(100V~240V)なのでそのまま充電できます。

【デジカメの充電】

デジカメも全世界対応(海外対応)タイプである場合が多いですが、念のため仕様書や電源アダプタを見て対応している電圧を確認しましょう。

【ドライヤーやヘアアイロンの使用】

ドライヤーやヘアアイロンなど高熱を発する家電は消費電力が大きいため、小型の変圧器では使用できない場合が多いです。短期間の滞在であればホテルの備え付けのドライヤーを使用する方が無難です。滞在期間が長いのであれば現地で購入してしまうのもひとつの手です。

宿泊先や外出先の電源事情

気になるシンガポールの電源事情をご紹介します。

ホテル・ゲストハウス

ホテルではBFタイプのコンセントが部屋のサイズに応じて必要な分設置されています。また変換プラグの貸出サービスを行っているホテルも多いです。
ゲストハウスは一つの部屋に2~3つほどの最低限のコンセントしか設置されていない場合が多いので、後述する電源タップ(タコ足コンセント)などがあると便利です。

空港

空港内には"Charging Station"と書かれたスマホなどの充電スポットがたくさんあります。スタバなどのカフェでも電源がありますが、数に限りがあるため使用できるとは限りません。
また空港内ではWIFI@Changiという無料Wi-Fiも利用できるので、ちょっとした作業であれば空港で済ませてしまうことも可能です(パスワードや名前、メールアドレスなどの登録が必要です)。

地下鉄(MRT)・駅

ブギスやオーチャードなどの主要なMRTの駅にも充電スポットがあります。Wi-Fiもいくつかの駅でWireless@SGが使用できます。

カフェ・図書館

シンガポールで電源やWi-Fiが使えるカフェといえば、王道のスタバ(スターバックスコーヒー)や国内のコーヒーショップCoffee Beanがおすすめです。

また、ジュロンイーストにある公共図書館は外国人でも利用でき、カフェも併設されているため、長時間作業したい方におすすめです。

スマホやパソコンを充電する

IT大国のシンガポールではスマホやパソコンを充電するのに苦労することはほぼないといってよいでしょう。スマホやパソコンなど海外でも使用することが多い電化製品は電圧もグローバル対応しているので心配ありません。

よくあるトラブル・注意点や対処法

コンセントやプラグに関してよくあるトラブルや対処法をご紹介します。

変換プラグや変圧器を忘れてしまったときは?

前述の通り、変換プラグの貸出を行っているホテルが多いです。部屋に置いてある場合が多いですが、もし無い場合はフロントで以下のように尋ねて下さい。

「変換プラグ/変圧器を貸していただけませんか?」
⇒May I borrow a plug adapter / a transformer please?

心配な方は事前にホテルに変換プラグの有無を問い合わせてみるとよいでしょう。

コンセントが足りない場合は?

ホテルなどでコンセントの数が限られている場合は、電源タップ(タコ足コンセント)やUSB充電器などの電源グッズがあると便利です。旅行に持っていく電化製品の数に合わせてサイズを選びましょう。
ただし、長時間タコ足配線をすると発熱して発火する危険性が高くなるので、使用する際はくれぐれもご注意ください。

変圧器を使う前に消費電力を確認

変圧器は最大消費電力に制限があるため、使用前に変圧器が対応している消費電力と使用する電化製品の消費電力を確認しましょう。

主な電化製品の消費電力の目安

電化製品 消費電力
携帯電話 10W
デジタルカメラ・シェーバー 20W
ノートパソコン 50W
ドライヤー 1,500W

最後に

一昔前のようにかさばる変圧器を持たなくても海外で使えることが多くなり、旅をする人には便利になりました。でもすべての電化製品で海外対応になっているとは限らないのでその点だけ注意してください。

このページの情報はシンガポールの在住の日本人によって作成、編集されています。
情報の正確性などはご自身でご確認したほうが良い場合もありますので、ご了承ください。

シンガポールのロコ

シンガポール在住のロコ、メラさんシンガポール在住のロコ、有希。さんシンガポール在住のロコ、Keicoさんシンガポール在住のロコ、カズキさんシンガポール在住のロコ、サヴィ子さんシンガポール在住のロコ、Ultim8さんシンガポール在住のロコ、タエコさんシンガポール在住のロコ、ぶんぶん丸さんシンガポール在住のロコ、ライチさんシンガポール在住のロコ、ユカさんシンガポール在住のロコ、タロウさんシンガポール在住のロコ、keiさんシンガポール在住のロコ、Momoさんシンガポール在住のロコ、スクープさんシンガポール在住のロコ、supermediaさんシンガポール在住のロコ、tinktiaraさんシンガポール在住のロコ、まさおさんシンガポール在住のロコ、Yoshiさんシンガポール在住のロコ、うさぎさんシンガポール在住のロコ、Jessicaさんシンガポール在住のロコ、Jonaooさんシンガポール在住のロコ、キミーさんシンガポール在住のロコ、ごんさんシンガポール在住のロコ、しまさんシンガポール在住のロコ、ゆいさんシンガポール在住のロコ、roruさんシンガポール在住のロコ、りんさん

更に詳しい情報を知りたい場合シンガポールの在住の日本人に直接質問してみてください。

シンガポール在住日本人に質問する

シンガポール在住のロコ一覧

シンガポールエリアの旅行情報