ニューヨークの旅行ガイド情報

アメリカの国内・国際電話のかけ方ガイド〜公衆・携帯電話・スマホ利用

ニューヨークに来てもかかせない電話。電話を利用する際に知っておきたいこと、携帯電話事情などニューヨークの電話についてご紹介します。

アメリカの電話番号

アメリカの国番号は1です。
電話番号表示は10桁の数字です。市外局番、3桁、4桁と区切られて表示されます。
市外局番のことをエリアコードと言います。ニューヨーク市内は212、646などです。
なお、携帯電話と固定電話の市外局番は区別されていません。
航空会社予約センター、ホテル予約センターなどに多い1-800, 1-888,1-877-などで始まる電話番号は通話料無料です。通話料無料のフリーダイヤルはトールフリー(Toll Free)と呼ばれています。
電話のかけ方はアメリカ国内の場合は1を押してから相手の電話番号を押します。市内通話でも必ず市外局番から押します。例えば、1- 212-345-6789となります。
日本へのかけ方は国際電話識別番号011を押し、日本の国番号81、電話番号の最初の0を除いた番号を押します。 例えば、011-81-3-3456-7788です。
日本からのかけ方は国際電話識別番号(0041, 001など)を押し、010、アメリカの国番号1、相手の電話番号となります。例 0041-010-1-212-345-6789です。

携帯電話事情

携帯電話は日本同様あたりまえとなっています。スマホ普及率も高いです。iphone、サムサンが人気です。携帯電話プロバイダーはいくつかあります。ニューヨーク市内で店舗が多いのはVerizon Wireless, AT&T, Tmobileなどです。SMSはテキストメッセージまたはテキストと呼ばれています。無料Wifiはカフェ、パブリックスペース、ショップで完備されているので比較的アクセスしやすい環境です。旅行中でもスマホでネット接続できればラインなどのアプリを利用して無料、格安で電話できますね。旅行中のSMSは高額になる可能性もあるのでネット接続してメール、ラインなどがおすすめです。

ハイテク公衆電話

公衆電話はスマホの普及により、一時期だいぶ数が減りましたが、2016年2月からLynkNYCと呼ばれる新型のハイテク公衆電話に生まれ変わり再度脚光を浴びています。薄型タイプで電光掲示版のような形です。数はかなり多いです。無料wifiにつなげることができ、タブレットのような画面です。

ハイテク公衆電話の特徴

1.アメリカ国内通話は無料
2.無料Wifi
3.アプリの閲覧(地図を含むいくつかのアプリが公衆電話に搭載済み)
4.USBケーブル持参で充電可能

利用方法

●通話はタブレット部分の電話マークアイコンをタップするとキーパッドがでます。キーパッドで
電話番号を押し、Call Buttonを押します。電話を終了するにはEnd Call buttonを押します。
●無料WifiはスマホのWifi接続をオンにしてLinkNYC Free Wi-fi networkを選択します。ブラウザーを開きメールアドレスを登録します。

注意:国際電話をかけるにはデリやコンビニで買えるテレフォンカード(コーリングカードと呼びます)が必要です。

旧型の公衆電話

旧型の公衆電話もまだ存在します。
利用できる硬貨は5、10、25セント硬貨のみです。

利用方法

受話器を上げます。お金を入れなくても受話器をあげるとツーという発信音が聞こえます。お金を入れずに番号を押します。料金が1分でいくらかというメッセージが流れるので、その金額を入れます。

ホテル電話事情

ホテルの部屋からの通話は国内、国外ともに通話料が高めです。無料ダイヤルに電話する場合でも手数料が取られることがあります。
ハイラインホテルのように部屋からの通話が国内・国外ともに無料のホテルもあります。
なお無料Wifi完備のホテルが多いですが、ホテルによっては有料の場合もあります。チェックイン時に確認しましょう。

日本を出発する前に高額請求にならないようにスマホの設定を研究しておきましょう。また日本で待っている家族にも万が一のためにアメリカへの電話のかけ方を伝えておきましょう。

お得に国際電話をかける方法

十数年前までは、国際電話はものすごく高いというイメージがありましたが、今はいろいろなサービスがあり便利なので、ぜひご自分に合ったものを探してみてくださいね。

事前登録制の格安国際電話サービスで、一般電話や携帯電話から普通に国際電話をかけるより安く通話できます。
プランによっては、月980円でかけ放題という驚きのプランもあり、また海外からも3秒1円という安さです。
詳しくはTelinkのホームページで確認してください。
Telinkホームページ

無料インターネット電話

ニューヨークは街中、ホテル、空港など、フリーWiFiが飛んでいますし、ポケットWiFiなどをレンタルすれば、LINEやメッセンジャーなどを使って無料で通話できます。

SIMカード不要?! 話題のクラウドSIM

インターネット経由で国際電話をかける場合はもちろんネットへの接続が必要ですよね。
海外でネットを使う手段のひとつに、今話題の「クラウドSIM」というサービスがあります。
なんとこちらはSIMカードが不要で、全世界100ヶ国以上で使用可能です。
このサービスはレンタルではなくクラウドSIM搭載の機種の事前購入が必要ですが、海外に着いたらスイッチひとつでインターネットへの接続が可能です。
旅行から帰ってきてからも日本国内でも利用可能なので、WiFiサービスはこれ一台でOKです。

特に一度に複数の国に行かれる方には断然おすすめなサービスです。

おすすめはグローカルネット
こちら初期費用として、機種代、月額基本料金プラス海外利用料が780円(300MB)/日~で利用可能です。

まとめ

今はインターネットの環境があれば国際電話も無料となり便利な時代となりましたが、緊急時にそなえ国際電話のかけ方は覚えておくことをおすすめします。

ニューヨークに来る前になにか困ったことや質問があればトラベロコのロコを頼ってみるのもおすすめです。
Q&Aは無料なのでぜひ利用してみてください!