カヴィテ在住のロコ、Kengoさん

Kengo

フィリピン在住10年以上。英語と日常的タガログ語が使えます。オンデマンドの企業通訳もしていますが、業務分野の用語を事前に習得するため打ち合わせと資料の用意をお願いします。文書翻訳もOKです。

居住地:
マカティ
現地在住歴:
2005年8月から
基本属性:
男性/60代
使える言語:
英語、日本語 、タガログ語
職業・所属:
フリーランス
得意分野:
翻訳 通訳
血液型:
A型

このロコに相談するKengoさんに相談するお気に入り

一言タグ※提供できること、得意分野、興味などを一言でアピール

Kengoさんが回答したカヴィテの質問

aomeさん

フィリピンでの英語学習について

はじめまして。
海外大学への留学のため、フィリピンに2週間〜1ヶ月程度滞在してTOEFL対策をやりたいと思っています。
英語は全くの初心者なのですが、1年以内にTOEFLでそれなりの点数を取る必要があります。
フィリピン国内であれば場所や予算を問いませんので最適な英語学習環境をアテンドしていただけませんでしょうか。
当方、30代男性です。
よろしくお願いします。

カヴィテ在住のロコ、Kengoさん

Kengoさんの回答

フィリピン在住10年ちょっとになります。 フィリピンの英語学校について私の知る範囲でお答えします。 フィリピンは「英語圏」に分類されてはいますが、国語はフィリピノ語(一般にタガログ語と呼ばれ...

フィリピン在住10年ちょっとになります。
フィリピンの英語学校について私の知る範囲でお答えします。
フィリピンは「英語圏」に分類されてはいますが、国語はフィリピノ語(一般にタガログ語と呼ばれている)で、英語は第2言語として法律で定められています。教養のある人ならば流暢に英語を使いますし、空港・デパートなどのアナウンスも英語で流れており、英語の映画にも字幕はありません。

しかし一般庶民については必ずしも英語が得意とは限らず中には十分な教育を受けておらず英語が話せない人もそれなりにいます。

フィリピンの英語学校の生徒はほとんどが韓国人と聞きます。私の知人(日本人)にもそういう学校を出た人がいますが、英語力は英検3級あるかないかでした。

「海外大学への留学のためフィリピンに2週間~1ヶ月程度滞在」を希望されているようですが、率直にいって、ほとんど効果は期待できないでしょう。個人的感想として言うと「日本国内ほど英語学習に適した環境はない」ということです。観光旅行程度の滞在期間で簡単に留学準備ができるほど甘いものでは決してありません。日本で上達しなかった英語がフィリピンで上達するということは絶対にないと断言できます。日本で十分に基礎を固め磨きをかけた人が時差の少ないフィリピンでちょっと力試しをするという程度なら色々な発見もあるでしょうが、TOEFLで高得点を目指すという目的に関してフィリピンでの短期滞在がどれだけ寄与するか、はなはだ疑問です。

私自身、フィリピンで英語コールセンターに勤務していますが、英語はフィリピンで上達したのではなく日本国内で習得したものがそのまま生きているというのが実際のところなのです。今後、海外の大学に留学されるにしてもすべて英語で行われる授業を理解できなければ時間とお金の無駄になります。

日本にいても Khan Academyのような無料で大学の授業を聴講するのと同じことができますので、このようなサイトのビデオ講義にどれだけついていけるのかを確認してみるとよいでしょう。
https://www.khanacademy.org/

フィリピンの英語学校でTOEFLの得点を劇的に上げることはできません。日本にもTOEFL対策をしている学校は沢山あり、むしろそういうところの方が大きな効果を期待できることでしょう。

あくまでも観光旅行の範囲内で英語のあふれる町の中で自分に欠けているものを見出すという目的ならばそれなりの効果は期待できますが、これにしても「ホテルの部屋に帰って一人になったときどんな勉強をするか」にかかっています。その日町で見かけた英語で知らないものをその日のうちに部屋で勉強することができなければこれも無意味と言えます。

留学で英語は上達しません。英語の力を十分につけた人だけが留学でその実力に磨きをかけられるのです。自分の現在の英語力の原因を「日本の英語教育のせい」だと考えている人が多くいますが、決してそうではないという認識を持つことが出発点となるでしょう。

またネット検索で「Cebu English school」などをキーワードにすれば沢山のヒットがあることでしょう。英語についてはマニラ首都圏よりセブの方が学習熱が高いと聞いております。

aomeさん

★★★★★
この回答のお礼

ありがとうございます!
ものすごく参考になりました!

続きを読む »