メンテナンス停止のお知らせ:2019年1月22日(火) 1:00 - 4:00 AM(日本時間) サービスを停止します。

イタリア在住日本人35人がおすすめの料理・食べ物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email

海外旅行に行った際に、現地ならではの食べ物や料理を食べたいですよね。

旅行ガイドブックや雑誌などに載っている定番のイタリア食べ物/料理も良いですが、せっかくイタリアに行ったのであればイタリアならではの食べ物/料理を食べたいですよね。

その国や都市のおすすめ食べ物/料理を探すなら、現地の人に聞くのが正解です!ここでは、イタリア在住日本人が選ぶ!おすすめ食べ物、料理をご紹介します。

随時更新するので、ブックマークしておいてくださいね♪

タリアテッレ・アッラ・ボロネーゼ

タリアテッレ・アッラ・ボロネーゼ ★★★★★

タリアテッレ・アッラ・ボロネーゼ(Tagliatelle alla bolognese)はボローニャの伝統的な料理で、カジュアルなトラットリアでも優雅なレストランでもどちらでも必ずメニューにあるものです。大概のお店では、仕込みには朝早くから起きて手打ちで作られた自家製の生パスタが提供されます。これが元祖ボロネーズ風パスタ、ミートソースのパスタです!

トラットリア・パラルディー(Trattoria Baraldi)は、60 - 70席とボローニャ旧市街、マッジョーレ広場から徒歩15分の場所に位置します。定員さんの愛想がとても良く、客層も、10代から昔からの常連さんまで広く過ごしやすい雰囲気です。
こちらのトラットリアのあるプラテッロ通り(Via del Pratello)はレストラン・トラットリア・パブなどが連なっている通りなので、是非お気に入りのお店を見つけてみてください。

営業時間 :

月〜日曜日
ランチ 12:30 - 15:00
ディナー 19:30 - 00:00

休業日は未定ですが、週末のディナーは電話予約が必須です。

所在地および連絡先情報 :
住所: Via del Pratello 40, Bologna, Italy
場所: ヨーロッパ > イタリア > エミリアロマーニャ > ボローニャ県 > ボローニャ
電話番号: +39 051 051235574

※ 祝日などで営業時間に変更がある場合があります。

ローマ郊外へお勧め美食&ドライブ旅

ローマ郊外へお勧め美食&ドライブ旅 ★★★★★

ローマ市内のレストランは観光客用の
有名なレストランが多いですが
あたりはずれが大変多いです

お客様が本当に美味しいと思われるイタリア料理を感じられるのは郊外に出られるか
産地の素材を使った新鮮な料理を提供されている
お店をお探し致します!

車で一日ドライブしながら
遠出しませんか?
町散策、お城、お庭、パノラマ、田舎風景、綺麗ないろとりどりの花、森林
イタリアの広大な農家、牛、ヤギ、羊を
見ながらの旅

オリジナルプランを企画します。
お客様の想い出をお作り致します!

旅は冒険です!
行き先は様々です。

行き先
1)bracciano

2)perugia& assisi

3)frascati & tivoli

4)amalfi &solento

5)abruzzo

6)

ピッツァ アル タッリョ & スプリ

ピッツァ アル タッリョ & スプリ ★★★★★

イタリアといえば、ピッツァ!
さらにローマにはいたるところに量り売りのピザ屋さんがあります!

たくさんピザの種類があって、どれにしようか迷います!

おなかが空いていればピザを大きく切ってもらって、
小腹がすいていれば小さく切ってもらって食べ歩きにも最適です

こういうお店にはだいたい、サイドディッシュも一緒に売っています。
その中でもアランチーニは有名だと思いますが、
アランチーニによく似た、でももっとシンプルなトマトとモッツァレラチーズだけでできたスプリがおすすめです!!
シンプルなのですが、病みつきになること間違いナシ

ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ

ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ ★★★★★

ものすごく肉々しい、トスカーナ料理の代表で、高さ(厚さ)が3~5cmほどに切り分けられた牛肉で「Tボーンステーキ」とも呼ばれ、Tの字をした形の骨の両側にそれぞれヒレとロースの部分がついています。オーダーするときは最低1kgから、というお店が多いです。ほとんどの部分が赤身なので見た目のごつさに対し意外とあっさりお腹に入り、翌日も胃もたれしません。イタリア人は「アル・サングエ(=血で)」というレアで食べるのが大好きなので、もしレア過ぎるのが苦手ならミディアムでオーダーしましょう。でも、レアがやっぱり美味しいですよ!

日本でも有名な沢山のイタリア料理、実はローマ発祥!!!

日本でも有名な沢山のイタリア料理、実はローマ発祥!!! ★★★★★

イタリアは以前、沢山の小国からなる分裂国家だった為、その名残からその各地に伝わる伝統的料理が今でも色濃く残っています。イタリア料理と一括りにしてしまうのは少し難しい、勿体無いそれがイタリア料理です。
ローマにもローマならではの伝統料理があり、日本でも有名なカルボナーラ、ペンネアラビアータ、アマトリチャーナ、ペペロンチーノ、ローマタイプのクリスピーピッツァなど他にも沢山のローマ料理が存在します。
昔か家族で経営するローマ料理のお店、味、雰囲氣と素晴らし場所へご案内します。

ポレンタ

ポレンタ ★★★★★

ベルガモといえばポレンタ、ポレンタといえばベルガモ、というくらい、ベルガモとポレンタは切っても切り離せない関係。トウモロコシの粉末を、水と塩を加えてドロッとしてくるまで根気良くグルグル混ぜ続けて作ります。一見ポテトピューレの様ですが、味はトウモロコシです(写真の黄色い部分)!そのまま食べても良し、チーズを溶かし混ぜて食べても良し。お肉やポルチーニ茸の煮込みと一緒にいただくのが一般的です。一度食べたらきっとまた食べたくなりますよ♡

アランチーノ

アランチーノ ★★★★★

シチリアのストリートフードの1つで、いわゆるライスコロッケのようなもの。1つ1つが結構大きくて食べ応えがあります!定番はラグー(ミートソース)ですが、その他にもピスタチオ入りやハム入りなど、色々な味が楽しめます。レシピも様々でお店によって少しずつ味が違うので、自分の好みのお店を見付けるのも楽しいと思います♪
(ちなみにパレルモの方では「アランチーナ」と呼ばれています。)

ピアディーナ リミネーゼ IGP

ピアディーナ リミネーゼ IGP ★★★★★

リミニといえばピアディーナ。
ついにIGP(保護指定地域)表示がついたリミニのピアディーナ。ラヴェンナやチェゼーナのピアディーナとは明らかに生地も厚さも違う、モサモサ感が少ないのが特徴。
そのまま食事のお供に(リミニで普通のパンはほとんど出てきません)、生ハムやモッツァレラチーズルッコラなどを挟んで食べます。
中身の選択肢は無限大です。

ニョッキ

ニョッキ ★★★★★

ヴェローナにはパパ・デル・ニョッコというニョッキのお祭りがあるくらい、市民からニョッキが愛されています。

正直、日本にいるときはそれ程好きな食べ物ではなかったのですが、ヴェローナで初めてニョッキを食べた時、あまりにも美味しく、今までの概念を覆されました。
本場のニョッキをぜひヴェローナで堪能していってください。

プロシュット・ディ・サン・ダニエーレ

プロシュット・ディ・サン・ダニエーレ ★★★★★

日本で食べていた生ハムとメロン、ロコの私はあまり好きではありませんでした。
しかし、塩加減が絶妙のサン・ダニエーレの生ハムと中糖度のメロン(瓜の食感が残っているほうが◎)の組み合わせは目から鱗の体験です。提供しているお食事どころや飲み屋さんなどは沢山あり、スライス仕立てのハムの美しさに目も心も奪われてしまいます。

ミートボールならぬパンボール

ミートボールならぬパンボール ★★★★★

小麦の大産地プーリア州では、パンが美味しいです。
この料理の作り方は、パンと卵、チーズ、パセリまたはミントなどを入れて、油で揚げます。

揚げたてアツアツはそのままで前菜として、トマトソースで煮込んだバージョンはメインディッシュ(肉や魚の代わり)として食べられています。
どちらも、それぞれ美味しいですよ!

ステーキ

ステーキ ★★★★★

フィレンツェ定番のフィオレンティーナと呼ばれるステーキですが、ここマルケ州で本場フィレンツェを越えるステーキが食べれます。お店の特徴として、お肉が冷めないように下から温めた状態での提供。ですが、焼きすぎることなく固くなることなく最後まで提供された状態で食すことが出来ます。お店のサービスも文句なしです。

パンゼロット

パンゼロット ★★★★★

ガイドブックにも掲載されているルイーニは長蛇の列&道脇で立食。
観光で疲れたし、少し座りたい。でもパンゼロットを食べてみたいと言う人には以下のお店がオススメです。
こちらも大聖堂脇(ルイーニとは反対側)。揚げたパンゼロット以外にオーブン焼きパンゼロットも選べ、生ハムなどの盛り合わせ等も食べれます。

スフォリィア リーナ

スフォリィア リーナ ★★★★★

ボローニャといえば食の街。生パスタの街!
もともとCasalecchioという少し郊外にあった、Rinaおばさんが作った生パスタで有名なレストランがチェントロ(市街地)にもオープンしました。
お手頃価格で、家庭料理かつ本場の味。
パスタの販売もしているので、食べてみておいしかったら是非お持ち帰りでも!

切り売りピッツァ

切り売りピッツァ ★★★★★

ローマのストリートフードといえば切り売りピッツァです。街中いたる所にあり、好きなだけ注文できるので小腹が空いた時にはおすすめです。最近では定番ものから、グルメなピッツァまでいろんな種類が味わえます。どこのお店にも必ずある、ライスコロッケ、スップリと一緒にぜひ!

カルチョーファ(アーティチョーク&チーズパイ)

カルチョーファ(アーティチョーク&チーズパイ) ★★★★★

小腹が空いたらパルマ市内の歴史あるパニーノ屋さんPepenで熱々のカルチョーファ(アーティチョーク&チーズたっぷりのパイ)はいかがですか?お昼時はものすごく混雑するので12時前かランチタイムの後がお勧め。カルチョーファとカタカナ式発音でばっちり通じますよ!

タイヤータ(ステーキ)

タイヤータ(ステーキ) ★★★★★

ピエモンテ牛のステーキは是非味わって頂きたい一品です。脂肪分の少ない赤みの子牛肉を、シンプルにグリルしてあら塩で頂くは、一番美味しく、バローロワインと一緒に楽しんで頂きたいものです。その他、タルタルや、ソーセージなど、他の調理方もお勧めです。

パスタ・アッラ・ジェノヴェーゼ・ナポレターナ

パスタ・アッラ・ジェノヴェーゼ・ナポレターナ ★★★★★

パスタ・ジェノヴェーゼ・ナポレターナはあのバジルソースのパスタではありません。お肉、玉ねぎ、セロリ、ニンジンを細かく刻んでじっくり煮込んでできたソースをパスタと混ぜ合わせた一品です。ぜひ一度ご調味してみてください!

スパゲッティ・アイ・フルッティ・ディ・マーレ(魚介類のパスタ)

スパゲッティ・アイ・フルッティ・ディ・マーレ(魚介類のパスタ) ★★★★★

海沿いのポリコーロで言えばやっぱり、新鮮な魚介類が一番美味しいです。ムール貝を使ったパスタが良く見られます。パスタ以外にも、前菜などでふんだんに魚介を使った料理が多く見られます。結構迫力のある盛り付けも特徴です。

ペック ビストロ の カルパッチョ

ペック ビストロ の カルパッチョ ★★★★★

日本でも有名なペックに気軽に食事のできるビストロがあります。なんでも美味しいのですが、中でもカルパッチョがおすすめ。生肉はやはり質の良いものでないと、と気になる方もペックなら安心です。 何度食べても美味しいです!

イタリアの在住日本人に質問をする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email

その他のイタリア在住日本人のおすすめ

イタリアの各エリアのおすすめ料理・食べ物

ローマミラノフィレンツェベネチアナポリパルマトリノクレモナシエナコモペルージャヴェローナチェゼーナモデナブレシアピサルッカバーリヴィアレッジョトレントラヴェンナインペリアアックイテルメアスコリピチェーノトリエステリヴォルノグロッセートフォンディサン・サルヴァトーレ・モンフェッラートマチェラータラ・スペツィアフェラーラパドヴァジェノヴァボローニャアレッツォヴィテルボアンコーナクーネオカストロヴィッラリマテーラレッジョ・ディ・カラブリアパレルモルザーノサレルノベルガモデルータアッシジアメーリア (テルニ県)エリーチェラグーザカターニアノート (イタリア)マルサーラナルニマントバレッジョ・エミリアウーディネアルバウルビーノヴィチェンツァヴェルチェッリプラートリミニトレヴィーゾキアーヴァリメッシーナタオルミーナカプリ島ポルデノーネピアチェンツァヴァレーゼサッサリアングイッラーラ・サバーツィアリエーティノヴァーラアレッサンドリアペーザロモンタルチーノベッルーノリエーゼ・ピオ・デーチモポリコーロモンツァアオスタレッチェカリャリチヴィタヴェッキアフィウミチーノサッスオーロオルヴィエート