フランス在住日本人93人がおすすめのお土産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email

海外旅行に行った際に迷うのが、現地のお土産選びじゃないですか?

旅行ガイドブックや雑誌などに載っている定番のフランス土産も良いですが、せっかくフランスに行ったのであればフランスならではのお土産を見つけたいですよね。

その国や都市のおすすめお土産を探すなら、現地の人に聞くのが正解です!ここでは、フランス在住日本人が選ぶ!おすすめお土産をご紹介します。

随時更新するので、ブックマークしておいてくださいね♪

香りがとても良い・フランスのオーガニックハーブティー

香りがとても良い・フランスのオーガニックハーブティー ★★★★★

フランスはホメオパティーも盛んで、ハーブティーの種類がたくさんあります。オーガニックショップもヨーロッパの中では飛び抜けて数が多く、パリは各メトロの駅を降りてしばらく歩くと必ず1件か2件目にします。
お店によって扱っている商品が違ったりしますが、お値段もお手ごろで軽いこと、そして健康に良くヘルシーなのでおすすめのおみやげです。

私の特におすすめはNaturaliaのINFUSION DIGESTION 20 INF。
・ペパーミント
・ローズマリー
・タイム
・バーベナ

の4種類のハーブがミックスされています。香りがとても良く、どんなシチュエーションでも合います。ちなみに私は時々スープにブイヨンのように入れても使っています。

また名前の DIGESTIONのように消化に良いのでフランスに滞在されていて脂っこいものを食べ過ぎて胃もたれになっている方にもぜひオススメです!とてもやさしい味で香りに癒されます。もちろんカフェイン等フリーです。

値段は20パックも入っていて2,79 ユーロでお手ごろ価格でもあります。ぜひお試しください!

エメラルド水

エメラルド水 ★★★★★

ロワール地方はブージィ・ラ・フォレ(BOUZY-LA-FORET)にあるノートルダム・デュ・カルヴェール修道院(Monastère Notre-Dame du Calvaire)にて、17世紀から伝わる自然製法で蒸留されている薬草エッセンス。

その昔、セヴィーニェという女性が馬車の事故で足を負傷した際、そのエメラルドの水を足に塗ると不思議な事にあっという間に治ってしまったという話が発端のようです。彼女はその水の効能を称賛し娘宛に2通の手紙をも残しているのだとか。

そのエメラルドの秘密は、セージ、ローズマリー、ペパーミント。医薬としても効果を発揮する成分を蒸留したそのエッセンスは綺麗なエメラルド水となって小瓶に詰められています。打撲の鎮痛、かすり傷や引っかき傷、にきびや虫さされに、又筋肉を和らげる効果もあり、マッサージ代りにも。

お湯に薄めてうがい薬にもなれば、口腔消毒にもなるのだとか。私は個人的には喉が痛いときに直接喉にスプレーして居ます。結構効果的です。(^^)/

ボヴィレのテーブルリネンとストウブの鍋

ボヴィレのテーブルリネンとストウブの鍋 ★★★★★

上質なテーブルクロスなどで知られる、"Entreprise du Patrimoine Vivant" ~Living Heritage Company~ ボーヴィレ(Beauvillé)社の製品をお勧めします。高いと思うかもしれませんが何度洗濯してもいつまでも光沢が褪せないこの品質なら納得のお値段だと思います。ストラスブール市内のデパートや専門店で購入できますが、工場隣接の直売店においでになると種類も豊富でお値段も安めになります。ワイン街道中程の美しいリボヴィレの村はずれにあります。
ストウブの直売店はTurckheimにあります。ワイン街道の街です。見たら欲しくなりますね。。。
ご希望の方はご相談ください。

アンチーブ旧市街 絵画アトリエ(個人レッスン)

アンチーブ旧市街 絵画アトリエ(個人レッスン) ★★★★★

カンヌとニースの間の港町アンチーブの旧市街の閑静な路地裏に位置するアートギャラリーで、画家アネットさんが油絵のポートレートなどの絵画個人レッスンを提供しています。アネットさん以外のアーティストさんもレッスンをされています。
油絵、アクリル、水彩、パステル、クレヨン、など。
ピカソ美術館、ヴォーバン城、アンチーブで1番美味しい行列のできるジェラート屋さんのすぐ近くです。
アネットさんは絵画の先生としても評判がある、英語も話せるドイツ人アーティストです。
旅の合間に、静かに作画をされたい方には理想的な場所になるはずです。
アート好きの方はぜひお立ち寄りください!

ボンママンのマドレーヌとフラゴナールの石鹸

ボンママンのマドレーヌとフラゴナールの石鹸 ★★★★★

1: フランスのスーパーマーケットに売っているマドレーヌです。高級マドレーヌに劣らぬ美味です。
一つづつ袋に入った12個入り。
このメーカーのお菓子類や、ジャム類は、だいたいどれも外れがありません。

2: フラゴナール美術館の石鹸です。パッケージも美しく、香りも素敵です。季節によって季節限定の香りもあるそうです。
お値段も9.17ユーロとお手ごろですし、女性には喜ばれるデザインです。
石鹸が苦手な方でも、タンスに入れておくなど、香りをたのしむこともできます。他にも男女両方にオススメの香水や、ボティーソープ、お香、ロウソクなども揃っております。

ボルディエのフレッシュバター

ボルディエのフレッシュバター ★★★★★

フランスのお土産でバターはもはや定番と言えるのではないでしょうか?
このボルディエのバターは一度食べると、日本のでは物足りなくなってしまう程おいしいです。
エシレやパスカルベイユヴェールも美味しいですが、私はボルディエが1番好きです。
ボルディエは他のものよりミルク感が強く、濃厚です。
パスカルベイユヴェールはより、ヨーグルトっぽい感じ?でエシレはその中間な印象です。(個人の感想ですが…)
シンプルにバケットに塗って食べてみてください。
はちみつと合わせて食べるのも美味!( ^ω^ )

トリュッフ入りお塩やトリュッフ入りオリーブオイル

トリュッフ入りお塩やトリュッフ入りオリーブオイル ★★★★★

パリには、3大デパートがあり、その老舗が、BON MARCHE ボン マルシェ (24 Rue de Sèvres, 75007 Paris)で、パリのマダム達御用立つのデパート。ここのグルメ館が、お勧め☆
中央にトリュッフコーナーがあり、そこでトリュッフをスライスされたきしめん風パスタ=タグリアテルもランチに食べれる。
そこに売っているのが、このトリュッフのお塩とオリーブオイル。フランスの代表的な食材 トリュッフって、あまり日本では手に入らないと思うので、お土産にお勧めします。

「クリオロ」のチョコレート

「クリオロ」のチョコレート ★★★★★

数あるショコラティエの中でも、ここクリオロのチョコレートは絶品です。
ガーナ、マダガスカル、エクアドル、ブラジル、南アフリカなど、様々な国のチョコレートをベースに、柚子、ライム、バラの花、マロングラッセ、ハチミツ、スパイス、etc、、、、様々な材料との絶妙な組み合わせのボンボンショコラを楽しむ事が出来ます。トゥールーズにいらっしゃった際には、ぜひぜひクリオロのチョコレートをご賞味下さいね!

パレット・ブレトン

パレット・ブレトン ★★★★★

ブルターニュ地方の特産物なのですが、ブルターニュだけでなく
どこでも(パリ市内のスーパーでも)売られています。

フランスは農業国なので、バターは安く手に入りしかも濃厚なお味です。
それをふんだんに使ったパレット・ブレトンが美味しくないはずがありません。

有名ブランドのものから、スーパーブランドのものまで、
決して裏切らない味です。
お値段もお手頃なものもあるので、おすすめです。

カマルグの塩 フルールドセル(塩の花) ペルルドセル

カマルグの塩 フルールドセル(塩の花) ペルルドセル ★★★★★

フランスの高級レストランのテーブルに置いてある塩、有名な料理学校でも使用されています。日本でもかなり有名で最高級の塩です。
カマラグというのはの近くにある有名な塩田です。
日本で買うとかなり高く、現地で買われることをお勧めします。
本当においしい塩です。
カルパッチョやサラダにも適しています。
250g は日本でもなかなか入手できないお得サイズです。見つけたら購入ですね!!!

塩バターキャラメル、カンペール陶器、ガヴォット、クレープ、ガトーブルトン、クイニーアマン

塩バターキャラメル、カンペール陶器、ガヴォット、クレープ、ガトーブルトン、クイニーアマン ★★★★★

ブルターニュの定番のお土産です。
塩バターキャラメル、ガボットはお土産用に沢山買ってもスーツケースを占領しませんし、どこでも簡単に見つけられます。
ガトーブルトン、クイニーアマンはブルターニュの伝統的なお菓子です。日本人にはちょっと甘いかもしれませんが現地の味を体験したい人におすすめ。カンペール焼きはお皿としても使えますし、インテリアとして室内に飾っても魅力的です。

パトリック・ロジェのショコラ

パトリック・ロジェのショコラ ★★★★★

パトリックロジェ(Patric Roger)は、仏国家最優秀職人章(Meilleur Ouvrier de France / MOF)も受賞している有名なショコラティエのひとりです。口どけが非常によく、甘さが控えめなチョコレートは衝撃の美味しさ。日本未出店ということもあり、お土産として喜ばれます。パリで活躍のパティシエ・青木サダハル氏も「パリのショコラティエの中で、群を抜いて秀でている」と絶賛していました。

マロンクリーム

マロンクリーム ★★★★★

フランスのほとんどのスーパーやデパ地下、コンビニなどで
2ユーロ以下購入でき、お土産にとてもいいです。
砕いたマロングラッセが入ったバニラ風味のマロンクリーム。
パンやクレープにはもちろん、シンプルにパンに塗ってもいいし
ヨーグルト、アイスクリームに
かけてもおいしいですし、生クリームと混ぜて自家製モンブランを作ってみるのもオススメです。

塩キャラメル、ガレット、クイニーアマン、シードル、シュシェン(蜂蜜のお酒)、ゲランドの塩、ガボット(薄い層状態のお菓子)、カンペール陶器

塩キャラメル、ガレット、クイニーアマン、シードル、シュシェン(蜂蜜のお酒)、ゲランドの塩、ガボット(薄い層状態のお菓子)、カンペール陶器 ★★★★★

写真はガレットと呼ばれるサクサクとした食感のビスケットです。缶に入っているものが多く、描かれている種類はメーカーによって様々です。お菓子好きが必ず訪れたいブルターニュには、バターをふんだんに使ったお菓子が他にもたくさんあります。
お酒はワインよりもシードルやシュシェンが作られていて、どちらもほんのり甘くて日本人にも飲みやすいお酒です。

ラデュレ紅茶

ラデュレ紅茶 ★★★★★

マカロンで有名なラデュレですが、紅茶も種類が豊富なんです。2016年11月に1区RIVOLI通りに紅茶とキャンドル専門の小さなお店をオープンしました。紅茶のパッケージがさらに可愛くなって登場です。マカロンは生菓子なのでお土産としては日持ちが気になりますし、特に夏は難しいですが、紅茶ならお土産としても渡しやすいですし、ご自身のご褒美としても最適です!

ノルマンディー地方特産シードル

ノルマンディー地方特産シードル ★★★★★

ノルマンディー地方定番のお土産です。日本でも最近人気のシードルですが、ノルマンディーのシードルは味も香りも格段に美味しく農家直産の物も、かなりお手軽なお値段で購入できます。味も2種類あり、デザートワイン感覚で食後、またはアペリティフとしてキンキンに冷やしてどうぞ!アルコール度数も低いので、お酒の弱い方へのお土産にも最適です。

AOCクール・シュヴェルニー 白ワイン

AOCクール・シュヴェルニー 白ワイン ★★★★★

ワイン好きの方には味わって頂きたいです。16世紀初頭にフランス国王フランソワ一世(シャンボール城建設)がブルゴーニュから苗を持ち運び母親の城、ロモランタン城近辺に栽培し始めました。
品種はロモランタン。単一種で出来た白ワインです。ここロワール・エ・シェール県の11の町に広がる土地でしか栽培されない貴重な品種です。

スミレ商品

スミレ商品 ★★★★★

トゥールーズといえばシンボルのお花”すみれ”。フランス語 Violette。💐

すみれを使用した食品ではお菓子や、香水、リカー、
また香水やナプキンなど幅広く揃っています。
日本にもちかえりやすいサイズのものも(マグネットなど)あります。
トゥールーズかこの地域でしか販売していませんのでお土産価値があると思います。

コンフィ デュ キャナル

コンフィ デュ キャナル ★★★★★

スーパーで簡単に手に入るconfit de canard。ラードでひたしてある塩漬けの鴨肉。
日本ではそう簡単にはたべられないが、フランスのビストロに行けばだいたいどこにでもある料理。缶詰にされていて、賞味期限も長い。
日本に持ち帰り、中の鴨と少量のラードでフライパンで焼けば日本の家庭でもフランスのビストロ感覚を味わえる品

ショコラトリー ジャックジュナン

ショコラトリー ジャックジュナン ★★★★★

日本にはまだあまり出回っていないジャックジュナン。上質なチョコレートを口に入れた瞬間思わず顔がほころびます。パリで1番美味しいと言っても過言ではない最高のチョコレートをぜひお土産にどうぞ。同店舗で販売している、キャラメルやフルーツゼリーも絶品です。パリに来られるならぜひ訪れて頂きたいお店です。

フランスの在住日本人に質問をする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email

その他のフランス在住日本人のおすすめ

フランスの各エリアのおすすめお土産

パリニースマルセイユリヨントゥールストラスブールリールアヌシーシャモニートゥールーズアヴィニョンボルドーランスバニョル・ド・ロルヌカーニュ・シュル・メールモンペリエエクス・アン・プロヴァンスレ・サブル・ドロンレンヌサン・テニャンロワールナンテールオルレアンレ・ヴィニョーシャロン・アン・シャンパーニュフォンテンブローラ・ロシェルアルカシオンコルマールカルカソンヌブルゴーニュペルピニャンポーブザンソンリルシュルラソルグトゥーロンディジョンティーニュヴァランシエンヌルーアンナンシーギャップ (フランス)イエールサン・マロヴァランスバイヨンヌアルベールヴィルサン・ジェルマン・アン・レーサン・ブリユーアジャンペリグーミュルーズカンペールロリアンブレストナントボーヌランブイエヴァルボンヌポワチエビアリッツシャンベリサン・ラファエルグルノーブルクレルモン・フェランヴィシーグラースタルブモンドマルサンボーヴェスール(フランス)ヴェルサイユベルフォールアンジェナミュールシャブリエヴィアンレバンアミアンカンヌアングレームカーンポントルソンニームブロワブローニュ・ビヤンクールサン・テティエンヌメス