フランス在住日本人82人がおすすめの観光スポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email

海外旅行に行った際に、どこに行こうか迷った事無いですか?

旅行ガイドブックや雑誌などに載っている定番のフランス観光スポットも良いですが、せっかくフランスに行ったのであればフランスならではの観光スポットに行きたいですよね。

その国や都市のおすすめ観光スポットを探すなら、現地の人に聞くのが正解です!ここでは、フランス在住日本人が選ぶ!おすすめ観光スポットをご紹介します。

随時更新するので、ブックマークしておいてくださいね♪

ロンシャン礼拝堂

ロンシャン礼拝堂 ★★★★★

コルマールまで来て、ロンシャン礼拝堂に寄らないのは大変惜しい事です。

建築を学んだら誰でも知っており、私のような建築を学んでない人間でさえ、
深く印象に残る、マリア教会です。バーゼル・コルマール周辺の観光地としては、一番印象深いかも。

アルザス地域にはスイスの一部を含めて、聖母信仰が深い所で、
このアルザスの谷の守護聖人は「聖オディーリエ」です。
偶然に世界的建築家のル・コルビジェに建てられたとはいえ、
この周辺地域を飾る傑作はパワースポット以上の何かです。

唯一の難点は、この教会はアクセスが非常に悪い事。
ですので当方はコルマール観光とロンシャン教会をセットにして、この地方を車でご案内しています。
大きな周遊ですとこのロンシャンには寄り難いのですが、コルマールと掛け合わせるなら相性が非常に良いです。
わざわざこの教会のために、コルマールに寄らずにパリから来る人だっているのですから、それを考えるだけでも、
コルマールから車で1時間のロンシャン教会は外せないと思います。私の旅行優先度から考えても、ロンシャン教会はコルマールと同等かそれ以上のスポットかと思います。

アルザスは大変素敵なところです。ストラスブールの遊覧船&パティスリー、オディーリエンベルクでの歴史探訪、フランスで一番美しい村々、コルマールのグリューネワルトのキリスト祭壇画、アルザスワイン街道、ロンシャン教会など、やクリスマスマーケットを押さえておけば、一通りアルザス地域はOKかも。ちなみにフライブルク側でもワイン生産が盛んで、この地方はライン川の文化圏のひとつになります。

ジャックマール アンドレ美術館

ジャックマール アンドレ美術館 ★★★★★

パリの日本大使館から割と近くにあり、モンソー公園の近所でもある、特別な美術館です。
なぜ、特別かというと、まるで時代をスキップしたかのような気分になり、19世紀のヨーロッパの貴族の暮らしぶりがみえてきます。
1869年に銀行家のエドゥアール・アンドレとその妻であり画家のネリー・ジャックマール(英語版)のために建てられた邸宅が美術館となっている。二人が収集したイタリア・ルネサンス、18世紀フランス、そしてオランダなどの絵画作品とともに、美術工芸品や家具、調度品等が展示されています。
一階は美術館ブティックと、カフェ、邸宅の一階部分、2回は、宗教画からルネッサンス画などのコレクションに加えて、年2回に展覧会も模様しています。

全部を見を終わったら、一階のカフェでアフタヌーンティーを楽しむのもおすすめです。少々ガヤガヤはしていますが、雰囲気がいいので、とても優雅な気分になれます。フランスらしいケーキも揃っています。
帰りに美術館のブティックにも是非寄られて、お土産を探すのも良いかもしれません。素敵な雑貨類も豊富に揃っています。

モン・サン・ミッシェル、サン・マロ、フジェール、カン・カル、ディナン

モン・サン・ミッシェル、サン・マロ、フジェール、カン・カル、ディナン ★★★★★

・言わずと知れたフランスが世界に誇る世界遺産モン・サン・ミッシェル。長年続いていた橋の工事も昨年(2015年)終了し、本来の島の姿を取り戻しました。夜はライトアップされ昼間とは違う雰囲気が楽しめます。
・サン・マロは、イギリス海峡に面した港町で、城壁の上は散歩道になっていて、素晴らしい海の景色を見渡せます。
・フジェールは「芸術と歴史の街」として認定されていて、素晴らしい史跡に恵まれた街です。古城、古い鐘楼、庭園などが見所です。
・カンカルは牡蠣で有名で、海沿いにはたくさんのシーフードレストランが並んでいます。直売所もあり、新鮮な牡蠣をその場で剥いてもらって食べることも出来ます。
・ディナンはcolombage(木骨壁構造)という珍しい建築様式の建物が立ち並ぶ美しい町です。2年に一度中世祭りが開催され、住民も観光客も貴族や兵士、農民など様々な中世の衣装に身を包み、古い時代にタイムスリップしたような気持ちになって楽しめます。

パリのモンマルトルの丘、サクレクール寺院。モンサンミッシェル、ブルゴーニュ地方、ロワール川の城巡り。

パリのモンマルトルの丘、サクレクール寺院。モンサンミッシェル、ブルゴーニュ地方、ロワール川の城巡り。 ★★★★★

パリの一番高い丘モンマルトルの頂上から見下ろすパリ全景はとにかく素晴らしく、その丘にそびえ建つ白亜の神殿サクレクールは圧巻です。丘の上には色々な秘密のスポットがあり、ブドウ畑や画家の広場、大道芸人達のパフォーマンスも興味深く面白い、
シャンソンが聞けるカフェ、画家たちのアトリエと小さな美術館、元ミスフランスが経営している美味しいクレープ屋さん、人気のマカロン屋さん、美味しいジェラート屋さん、パリで一番古いレストラン、19世紀後半画家たちが通っていた美味しいビストロなどなど、散策や見学、カフェのテラス席にてエスプレッソやパスティスを飲みパリジァンやパリジェンヌになった気分を味わえ、ついつい時間を忘れそうになります。

ロワール地方やパリ近郊のロマンチックで美しいルネッサンス式お城とそのお庭。
土曜日、日曜日のヴェルサイユ噴水ショーと日曜朝の伝統的なマルシェ(市場)など。

ブレスト市内、ブレストの港、カンペール、ロクロナン、コンカルノー、カマレ-シュル-メール、ラ岬

ブレスト市内、ブレストの港、カンペール、ロクロナン、コンカルノー、カマレ-シュル-メール、ラ岬 ★★★★★

ブルターニュ地方の魅力はなんといっても海。泳ぐには少し冷たいけれど、広大な自然に青く光る海は眺めているだけで嫌なことを忘れさせてくれます。brestはフランスの西端の町で、大通りにブティックが並んでいるのでショッピングしたい人におすすめ。センターから徒歩で港にも行けます。カンペールはブレストから一時間ほどのところにあるフィニステール県の県庁所在地で中世の街並みが残されている。ロクロナンはフランスの最も美しい村の一つ。昔ながらの石造りの家が並んでいる。カマレ-シュル-メールはこぢんまりとした町で現地のアーティストのアトリエも沢山あり、絵が好きな人におすすめ。ラ岬は最西端の岬。

チュイルリー公園

チュイルリー公園 ★★★★★

パリのど真ん中にあり、コンコルド広場からルーヴル美術館の方まで公園の中を歩くことができます。コンコルド広場側にはオランジュリー美術館まであり、美しい彫像やル・ノートルの設計の美を味わいながらも、四方に広がる建造物の壮麗な眺めに圧倒されます。
公園はリヴォリ通りに沿っているので、疲れたらアンジェリーナでショコラ・ショーを味わうのも素敵なアイデアです。
公園の中にも、気の利いたカフェがたくさんありますが、私はルーヴル側の公園の出口にほど近いところにあるブランジュリーPAULの屋台で簡単にカフェとクロワッサンを買って、芝生の上で夕焼けを楽しむのが一番好きです。

サンテ・ エチエンヌ・ドゥ・チネ

サンテ・ エチエンヌ・ドゥ・チネ ★★★★★

ニースから長距離バス〈日に三往復程で、片道1・5ユーロ〉二時間ほど、渓谷等を抜けて辿り着く、南アルプスの小さな村。全くの都会の喧騒から離れたい貴方にお勧め。小さな教会と、少し歩くと羊牧場が有り、タイミングがあえば、自家製チーズが買えます。五月の頭には伝統的行事 プランタション ドゥ メが行われ、若者がビル5階程ある大木に素手で登ります。〈成人式の様な物〉また、六月後半には、避暑の為に大量の羊が運ばれて来て、これを祝う祭りも行われます。〈その時の写真掲載します)乗り物酔いには、薬と、酔い止めバンドが有効でした。

アングレーム国際漫画祭

アングレーム国際漫画祭 ★★★★★

45年の歴史があるバンドデシネ(フランスマンガ)の国際イベント。毎年1月末の週末に開催。世界中からマンガ作家とファンが集まります。人口4万人のフランスの田舎町にイベント期間中は20万人が来場します。町中がイベント会場となります。パリのJAPAN EXPOは「マンガ・アニメ・ゲームと日本文化全般」というテーマですが、こちらはマンガ専門のイベントです。毎年日本の有名漫画家の来場や表彰もあります。作家が絵のついたサインをするのがフランススタイルなので日本ではなかなかもらうことができないサインをもらうこともできます。

ブローニュの森

ブローニュの森 ★★★★★

都会!都会!都会!のパリも良いですが、自然もパリの魅力の一つ。
大きな公園や池は行くだけで心が癒されます。
歴史的にもとても面白い場所で、ナポレオン3世が作った公園です。
かつては無法地帯でしたが規制が進み今は安全です。現地の綺麗な人たちがランニングをしていたり、犬の散歩に来ていたりする姿もよく見かけます。
森の奥の方にはまだ昔の男娼の名残があり、それもとても珍しく奇妙な光景です。
錦織選手を活躍する全仏オープンのコートや競馬場もあります!

市立病院の地下セラー、サン・ピエール・ル・ジェンヌ・プロテスタント教会、ヴォバン・ダム

市立病院の地下セラー、サン・ピエール・ル・ジェンヌ・プロテスタント教会、ヴォバン・ダム ★★★★★

市立病院の地下セラー、1472年などという古いワインの樽もあります。まさに中世の趣き。。。見学と試飲、厳選されたワインを売っています。ワイン好きな方に絶対おすすめ。
サン・ピエール・ル・ジェンヌ・プロテスタント教会。元修道院の中庭が美しく、街の中心部とは思えない時空を超えた静けさと美しさ。市内一番のおすすめです。
プチットフランスの奥西側に位置するヴォバン・ダム。地上階は橋になっています。屋上階は展望台になっていて街が美しく広がります。

リヨン中央市場

リヨン中央市場 ★★★★★

美食の街リヨンを感じる市場。プロも買いに来る良質な高級食材、チーズに、ソーセージに、ワイン、パティスリーなどなど。おいしいものにあふれていて見ているだけでお腹がすいてきます。
建物の内にあるので雨でも観光できます。各お店ごとに営業時間が異なるのでご注意。朝早くいってもシャッターが閉まっています。多くのお店が営業している11時~13時の訪問がおすすめです。

法王庁宮殿

法王庁宮殿 ★★★★★

かつて70年ほどローマ法王様が住んでいた宮殿が今でも完全な形で残っています。
お部屋の中はあまり物は残っていませんがローマ法王様の寝室や書斎部屋には
素晴らしいフレスコ画が残っています。
また展望台にも行くことができます。上から見るアヴィニヨンの旧市街は
とても素敵です。また誉の広場は毎年7月アヴィニヨンの演劇祭の会場として
使われています。

42番バス:観光名所を廻るルート

42番バス:観光名所を廻るルート ★★★★★

42番のバスは観光名所を通るバスです。
10号線Charles Michel駅/Beaugrenelle ショッピングセンター界隈でお買い物の後は、42番
バスに乗って市内観光はいかがでしょうか。途中下車してぶらぶら歩きも素敵です。

エッフェル塔→セーヌ川→ブランド街モンテーニュ通り→コンコルド広場
→マドレーヌ寺院→オペラ座。。

アヴィニオンの橋

アヴィニオンの橋 ★★★★★

有名なアヴィニオンの橋の歌の場所です。
実際観光客でこの橋の上で踊っている人をみかけます。
アヴィニオン演劇祭の期間にコンサートなども無料で開かれることもあります。
文化遺産の日も無料です。アヴィニョン教皇庁とセットで買うと割引になります。
日本語のオーディオの解説も無料ではないですがあります。

メナジュリー・デュ・ジャルダン・デ・プラント

メナジュリー・デュ・ジャルダン・デ・プラント ★★★★★

世界で二番目に古い動物園と植物園がある公園
歴史を遡ると、ルイ13世が造らせた王立薬草園が前身という、由緒正しき植物園内にある。大都会の真ん中にありながら、どこか時代遅れで懐かしく、ゆったりとした時間が流れている。

動物園には世界でも珍しい絶滅危惧種が保護されている動物園です。

ニッシム・ド・カモンド美術館

ニッシム・ド・カモンド美術館 ★★★★★

Paris17区高級住宅地、モンソー公園近くにあるこの美術館は、カモンド伯爵による18世紀の芸術品コレクションが素晴らしい。元個人の邸宅で規模的にも、1時間ほどでゆっくり堪能できます。
日本語のイヤホンもあり、観光客も少なめでちょっとした「大人の穴場」的美術館です。

カーナヴァル美術館

カーナヴァル美術館 ★★★★★

オススメの無料美術館!
あまり美術館などに興味がなくても一度はパリの美術館に行ってみたい方、もしくはルーブルやオルセーなど有名美術館は行きつくした方にオススメです。アール・ヌーヴォーがお好きな方にはオススメの宝石屋さんのお部屋。ぜひ一度足を運んでみてください。

ヴェルサイユ散策コース

ヴェルサイユ散策コース ★★★★★

ヴェルサイユ市観光協会会員のガリぺがBalades dans Versailles お勧めヴェルサイユ一日観光コースをご紹介します。
ヴェルサイユは一日かけてゆっくりと回るとモニュメントの見学だけでなく、お菓子、料理、音楽、マルシェを通してヴェルサイユの17~18世紀を感じることができます。

マルシェ・デ・ザンファン・ルージュ

マルシェ・デ・ザンファン・ルージュ ★★★★★

フランスといえばマルシェですが、パリのマルシェのなかでもオススメなのがココ!マルシェ(市場)といいつつも、フードコートのようにレストランがたくさん入っていて、地元パリジャンの手軽なランチスポットになっているんです。もちろん新鮮な果物やチーズも買えますよ♪

パリ・オペラ座

パリ・オペラ座 ★★★★★

日本人観光客はバスで前を通り過ぎてしまいますが、オペラ座の素晴らしさは、外観だけでなく内装でもあります。
バレーが中心ですが時間と季節が合えばぜひ鑑賞していただきたい。時間がなければ訪問だけも可能。
私にとってはベルサル宮殿にも劣らないと思っております。

フランスの在住日本人に質問をする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email

その他のフランス在住日本人のおすすめ

フランスの各エリアのおすすめ観光スポット

パリニースマルセイユリヨントゥールストラスブールリールアヌシーシャモニートゥールーズアヴィニョンボルドーランスバニョル・ド・ロルヌカーニュ・シュル・メールモンペリエエクス・アン・プロヴァンスレ・サブル・ドロンレンヌサン・テニャンロワールナンテールオルレアンレ・ヴィニョーシャロン・アン・シャンパーニュフォンテンブローラ・ロシェルアルカシオンコルマールカルカソンヌブルゴーニュペルピニャンポーブザンソンリルシュルラソルグトゥーロンディジョンティーニュヴァランシエンヌルーアンナンシーギャップ (フランス)イエールサン・マロヴァランスバイヨンヌアルベールヴィルサン・ジェルマン・アン・レーサン・ブリユーアジャンペリグーミュルーズカンペールロリアンブレストナントボーヌランブイエヴァルボンヌポワチエビアリッツシャンベリサン・ラファエルグルノーブルクレルモン・フェランヴィシーグラースタルブモンドマルサンボーヴェスール(フランス)ヴェルサイユベルフォールアンジェナミュールシャブリエヴィアンレバンアミアンカンヌアングレームカーンポントルソンニームブロワブローニュ・ビヤンクールサン・テティエンヌメスカルヴィムードンラ・セーヌ・シュル・メールサント・マキシムアンティーブエヴリーアントニームランショーモンル・アーブル