2017年 フェルメール展がダブリンで! | ダブリン在住Kyoncelticさんのおすすめ観光スポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email

2017年 フェルメール展がダブリンで!

現地語表記:Vermeer Exhibition at National Gallery 2017

【オススメ度】

★★★★★ by Kyonceltic (5個満点)

2017年 フェルメール展がダブリンで!

基本情報

ダブリンでの会期は6月17日から9月17日。
フェルメール好きな方、この機会にアイルランドを訪れるというのも良いかもしれませんよ~。

国立美術館のサイトはこちら。
http://www.nationalgallery.ie/en/Exhibitions/Upcoming/Vermeer.aspx

パリとワシントンでも開催されます。
Venues & Dates
20 February - 22 May 2017
Musée du Louvre, Paris

17 June - 17 September 2017
National Gallery of Ireland, Dublin

22 October 2017 - 21 January 2018
National Gallery of Art, Washington DC

おすすめする理由と説明

2017年、ダブリンに世界中からフェルメールと同時代のオランダ絵画作品60点が集まります!

これは今修復中の国立美術館の再オープンを記念した展示会で、パリのルーブル、ワシントンのナショナルギャラリーとコラボした催しで、両美術館でも開催されます。

展示会中、フェルメールの作品は10点。
全作品30数点しかないフェルメールのおよそ3分の1が来年の夏、ダブリンにやってきます。
10点が一挙に展示されるのは、過去の展示会の中でも3番目に数が多いのだとか。

イメージ画像はダブリン国立美術館所蔵の『手紙を書く婦人と召使(Woman Writing a Letter with Her Maid c.1670)』

その他、『真珠の首飾りの女(Woman with a Pearl Necklace, 1663-4)』、『天秤を持つ女(Woman with a Balance, c.1663–4)』、『天文学者(The Astronomer, 1668)』、『地理学者(The Geographer, 1669)』などが展示予定リストに挙がっています。

こんなすごいイベントがダブリンで開催されるなんて、ワクワクします。

ダブリン在住のロコ、Kyoncelticさん
情報の提供者(ロコ):

Kyonceltic

アイルランドに住んで28年が過ぎようとしています。夫と犬、猫との暮らしです。 50を過ぎてから一念発起してガイドの勉強をし、公認ガイドの資格を取得しました。 私がステキだと思うアイルランドの良さを多くの人に知って欲しいと心から思っています。 便利さから言ったら日本にかなう所はないかもしれないけれど、アイルランド人の人の好さには、きっと癒されると思います。 私自身はお芝居やミュージカル...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Email