サービス取引に関する運営基準改定について 12/1実施

2016年11月30日 13時1分(日本時間)

Traveloco運営基準の改定(ガイドラインの更新)が12月1日より実施します。

12月よりサービス取引に関する新しい基準が適応されますので、下記改定内容の確認をお願いします。

なお、今後も引続き会員登録、サービス相談、Q&Aなどは無料でご利用頂けます。


【実施日】2016年12月1日(木)より

【改定内容】

1)サービス料金の最低基準の見直し

−500円からのサービス料金設定

サービス料金の最低基準が500円からとなりますので、今後は500円未満のサービス料金設定は行なえません。

例)サービス料金500円で取引成立した場合

ユーザー支払金額:550円(システム利用料50円)

ロコ受取金額:400円(システム利用料 100円)

※既に500円未満で登録済みサービスは自動非公開となります。公開する場合は料金、内容を変更おねがいします。

※サービス料金の最高は100万円までになります。

2)連絡先交換の制限

−メールや電話番号など直接の連絡先の記載、投稿禁止(申込後の連絡先交換も行なえません)

Travelocoでは安心・安全なサービス取引プラットフォームを創ることが使命と考えており、今後より安全で、安心してご利用いただけるよう全てのお取引はTraveloco内で行っていただく事になります。

お取引に関する連絡がある場合は、必ずTraveloco内のサービス取引ページで取引相手にメッセージを送ってください。

【注】現在、サービスお申込み後の連絡先の交換は双方合意があれば可能になっておりますが、今後はお申込み後も連絡先のメッセージ投稿はガイドライン違反となります。

−緊急連絡先電話番号の公開/非公開設定

上記に関連して、サービス提供/利用時に取引相手に会えない事や、緊急で連絡をする必要がある場合に備えて、緊急先電話番号の公開設定機能が追加されます。

電話番号は個人情報になりますので、公開は必須ではなく利用者が必要な場合に公開できるようになっており、公開設定がされている場合は「サービス提供日の2日前」より取引対象相手(ユーザー、ロコ)のみに公開されます。

※海外ではネットが繋がらない場合もあるため、緊急連絡先が公開されている場合はメモをとるなどしておいてください。